UA * Housing and Urban Analysis Laboratory

博士論文 Doctoral Dissertations

※受賞実績は現時点で判明分のみ記載.

2016年   市街地の自然的要素が気温に与える影響の統計的モデルによる評価
  2016年度都市住宅学会 博士論文コンテスト優秀賞 受賞論文
  蛭田 有希
  LIST PRICE STRATEGY AND VACANCY RATE IN HOUSING MARKET: THEORETICAL MODEL AND ITS APPLICATION TO 23 WARDS AREA IN TOKYO
(住宅市場における表示価格戦略と空き家率:理論モデルとその東京23区への適用)
  Gu Jianping **
2015年   近隣人口の社会経済的構成が地域・居住者に与える影響に関する定量的分析
  2014年度日本不動産学会 湯浅賞(研究奨励賞)受賞論文    
  2015年度都市住宅学会 学生論文コンテスト博士論文部門 優秀賞受賞論文
  2015年度日本地域学会 田中啓一賞(博士論文賞)受賞論文
  上杉 昌也
  開店・閉店情報を用いた商業店舗の立地変容傾向の時空間分析とその手法の提案
  2014年度東京大学 都市工学専攻優秀博士論文賞受賞論文    
  2014年度東京大学 工学系研究科長賞受賞論文
  2015年度日本地域学会 田中啓一賞(博士論文賞)受賞論文
  関口 達也
  Studies on Tourism Policy Evaluation for Regional Revitalization -Focused on "Tourism Zone Development" in Japan-
(地域再生に向けた観光政策の評価に関する研究-日本の観光圏整備政策に着目して-)
  Hyun jung Kim
  Method for Introducing Multiple Distance Variables in Hedonic Analysis and Its Application to Real Estate Price Analysis
(ヘドニック分析における複数の距離変数の導入方法と不動産価格分析への適用)
  Yan Wang
2014年   敷地形状と建物棟数密度及び道路延長密度に関するモデル分析 一敷地一建物の原則及び格子状の道路網パターンに基づいて
  2014年度日本都市計画学会 論文奨励賞受賞論文    
  2014年度地理情報システム学会 学会賞(研究奨励部門)受賞論文
  薄井 宏行
2013年   Government Land Development and Private Response in Market Led Land Supply: Eastern Fringe of Dhaka City,Bangladesh
(政府による土地開発と市場主導による土地供給-バングラデシュのダッカ東部地域におけるケーススタディ)
  Morshed Md.Manjur
  高度地区による建築物の高さ規制と緩和規定の適用の効果に関する研究   青木 伊知郎
  An Analysis of City-to-City Cooperation in Asia: CITYNET Experience and the Readiness of Philippine Cities
(アジアにおける都市間協力の分析:CITYNETにおける経験およびフィリピン諸都市の即応能力)
  Kristoffer B. Berse
2010年   都市商業地域分析のための新たな手法の開発と適用 -詳細空間データを用いた都市空間事象の可視化-   稲坂 晃義
  大都市圏駅前商店街の時系列分析 -建物用途別の立地と床面積の変容傾向の定量化-   相 尚寿
  Improvement of hedonic regression based on unknown spatial variable search: heuristic search approach
(未知の空間変数探索に基づくヘドニック回帰分析の精度向上:発見的探索法)
  Kazi Saiful Islam
2008年   Optimizing Urban Land Use Allocation from Stakeholders' Perspective: Case Study of Dhanmondi Residential Area, Dhaka, Bangladesh
(利害関係者の視点から見た都市土地利用の最適配置:バングラデシュ・ダッカ・タンモンディ居住区におけるケーススタディ)
  Afsana Haque
  不動産市場の情報不完全性と価格形成要因に関する研究   清水 千弘 *
  物件間の類似度関数を用いた住宅価格推計手法構築とその応用   田中 麻理
  消費者の選好を考慮した住宅の間取り情報の有効な縮約方法に関する研究   中田 早耶 *
  総合設計制度による市街地の環境改善効果に関する研究   山下 英和
2007年   Development of Methods for Analyzing Urban Phenomena Represented by Surfaces
(連続分布として表される都市現象に関する一連の分析手法の開発)
  李 廷恩
  点・線・面を生成元とする有向ネットワークボロノイ図の生成とそれを利用した解析手法およびそのツールの開発に関する研究   佐藤 俊明
2006年   不確実性を伴う空間情報分析方法の開発:健康関連情報を用いた空間分析とその可能性   片岡 裕介 *
  借家人保護制度の住宅市場への影響と立法政策に関する分析   久米 良昭
  首都圏における民間賃貸住宅の供給構造と税制の影響の研究   倉橋 透
  閉鎖性水域における持続可能な水質保全のための排出枠取引モデルとポリシーミックス   崔 廷敏
  住環境選好に関わる居住者の価値観と主観的評価の研究   刀根 令子 *
2005年   空間データの平面位置の精確さを評価する方法   寺木 彰浩
2004年   住情報及び住意識に関する探索的分析:マイニング手法による情報の抽出及び都心居住者の住意識に関する一連の研究   崔 廷敏
2003年   居住者行動に着目した住宅市場の定量的分析   宇都 正哲
  ネットワーク上の空間分析手法とその実装化に関する研究   塩出 志乃
2001年   数値シミュレーションによる都市熱環境の解析とその制御方法に関する研究   泉 岳樹
  容積率緩和型都市計画制度の特色及び地区計画策定等による土地資産価値増大効果の分析   和泉 洋人
  Micro-Economic Studies on the Improvement of Residential Environments and Effective Land Use in Detached Housing Areas   高 暁路
  震災時を考慮した病院の配置評価手法による基礎的研究   今泉 恭一
2000年   都市計画業務及び都市解析に地理情報システム(GIS)を応用する際に問題となるエラーへの対処方法に関する研究   大場 亨
1999年   土地区画整理事業の照応原則と換地制度の再構成   下村 郁夫
  民間賃貸住宅市場の構造に関する研究 −東京圏における市場特性の分析−   山島 哲夫
1998年   データの地区単位集計による空間分布への影響   田頭 直人
  都市空間構造の比較分析法と日本の都市群への適用に関する研究   後藤 寛
1997年   GIS-based Disaster Management System for Cyclone Disaster Response in Bang ladesh   マニイルザマン・コンドカール・モハメッド
  都市施設システムの最適配置問題に関する研究   奥貫 圭一
  住宅選択行動に関する解析的研究   伊藤 史子
1995年   移動費用最小化による最適配置問題に関する一連の研究   鈴木 勉
1994年   都市商業施設の立地に関する一連の分析手法   貞広 幸雄
1990年   土地利用解析手法に関する一連の研究   吉川 徹
  都市解析のための地理情報システムの開発とその地区区分のクラスタリングの応用に関する一連の研究   増田 聡
1987年   Game-Theoretic Approaches to Bid Rent (U. Penn)   浅見 泰司
1985年   都市内における土地利用の秩序性の計量的表現に関する研究   玉川 英則
1980年   地域の発展(九州)   中内 寛
1979年   生活必需品を扱う小売店の分布に関する研究   三木 富士夫
1974年   都市規模分布に関する一連の研究   岡部 篤行
* 新領域創成科学研究科(環境学専攻社会文化環境コース -現在は-> 環境学研究系社会文化環境学専攻)