浅見泰司 履歴・業績一覧


住所

  • [オフィス]
  • 113-8656 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻
  • 電話:03-5841-6226
  • 電子メール: asami (ATMARK) csis.u-tokyo.ac.jp

学歴・職歴

1982

3

東京大学工学部都市工学科卒業

1984

3

東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻修士課程修了

1987

5

ペンシルヴァニア大学地域科学学科博士課程(Ph.D.)修了

1987

5

東京大学工学部都市工学科助手-1990.9

1990

10

東京大学工学部都市工学科講師(-1992.9

1992

10

東京大学工学部都市工学科助教授-1995.3

1995

2001

2005

2010

2012

4

4

4

4

8

東京大学大学院工学系研究科工学部都市工学専攻助教授(-2001.3

東京大学空間情報科学研究センター教授(-2012.7

東京大学空間情報科学研究センター副センター長(-2010.3

東京大学空間情報科学研究センターセンター長(-2014.3

東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻教授(-現在

 

論文・著作など *: refereed

  1. 浅見泰司(1982)「メッシュデ−タを用いたDID内外の人口分布変容の数量的分析」『日本都市計画学会学術研究発表会論文集』17, 85-90.*
  2. 浅見泰司(1983)「クランピング法による幹線道路付近の人口分布の分析」『日本都市計画学会学術研究発表会論文集, 18, 31-36.*
  3. 浅見泰司(1984)「クランピング法によるDID及び市街化区域の境界付近の人口分布の分析」『都市計画』131, 65-70.*
  4. Okabe, A., Y. Asami and F. Miki (1985) "Statistical Analysis of the Spatial Association of Convenience-Goods Stores by Use of a Random Clumping Model" Journal of Regional Science, 25, 11-28.*
  5. Okabe, A. and Y. Asami (1986) "The Probability Density Function of an Area Covered with Disks Whose Centers Are Randomly Distributed" Communications in Statistics - Simulation and Computation, 15, 121-134.*
  6. Asami, Y. (1986) "Fitting the Rank-Size Rule to Legal Cities" Geographical Analysis, 18, 243-252.*
  7. 浅見泰司(1987)「非対称情報下の地代交渉」『日本不動産学会昭和62年度秋季全国大会(学術講演会)梗概集』3, 5-8.
  8. Asami, Y. (1988) "A Game-Theoretic Approach to the Division of Profits from Economic Land Development" Regional Science and Urban Economics, 18, 233-246.*
  9. 浅見泰司(1988)「土地利用特化度指標について:公理的分析と応用例」『日本都市計画学会学術研究論文集』23, 13-18.*
  10. 蒲地輝尚, 浅見泰司, 岡部篤行(1988)「経路記憶に関する実験的分析:コンピュータ・シミュレーションによる歩行実験」『日本都市計画学会学術研究論文集』 23, 7-12.*
  11. Isard, W., C. Smith and Y. Asami (1988) "Policy Space Analysis: The Choice of Policies Regarding Arms Expenditures and Other Issues and the Value of Information Development" in W. Isard (ed.) Arms Races, Arms Control, and Conflict Analysis, Cambridge University Press, New York, 201-254.
  12. 浅見泰司, 寺木彰浩(1988)「建物形態自由度と建物形態規制」『日本不動産学会昭和63年度秋季全国大会(学術講演会)梗概集』4, 115-118.
  13. 浅見泰司, 吉川徹(1988)「土地利用と騒音」『日本不動産学会昭和63年度秋季全国大会(学術講演会)梗概集』4, 119-122.
  14. Asami, Y. (1989) "An Axiomatic Approach to a Measure of Land Use Mixture" Environment and Planning A, 21(4), 509-522.*
  15. 浅見泰司(1989)「平衡市街地論:用途地域の中での住宅の適正配置に向けて」『日本都市計画学会学術研究論文集』24, 325-330.*
  16. Asami, Y. and W. Isard (1989) "Imperfect Information, Uncertainty and Optimal Sampling in Location Theory: An Initial Reexamination of Hotelling, Weber and von Th nen" Journal of Regional Science, 29, 507-521.*
  17. 浅見泰司, 西江史子(1989)「居住年齢階層からみた近隣住区規模の再考察」『日本不動産学会平成元年度秋季全国大会(学術講演会)梗概集』5, 101-104.
  18. 寺木彰浩, 浅見泰司(1989)「眺望を考えた住棟配置の基礎的考察」『日本不動産学会平成元年度秋季全国大会(学術講演会)梗概集』5, 105-108.
  19. 吉川徹, 浅見泰司, 岡部篤行, 金子忠明(1989)「用途地域指定と土地利用遷移: 川崎市を例として」『日本不動産学会平成元年度秋季全国大会(学術講演会)梗概集』5, 117-120.
  20. Asami, Y. (1990) "A Determination of Bid Rents Through Bidding Procedures" Journal of Urban Economics, 27, 188-211.*
  21. 浅見泰司(1990)「住宅地の階層構造に関する一考察:Alexander 理論の再評価」『日本都市計画学会学術研究論文集』25, 433-438.*
  22. 吉川徹, 岡部篤行, 浅見泰司, 金子忠明(1990)「用途地域指定の趣旨からみた土地利用遷移の分析:神奈川県川崎市を対象とした実態分析」『日本都市計画学会学術研究論文集』25, 373-378.*
  23. Asami, Y., M. Fujita and T.E. Smith (1990) "On the Foundations of Land Use Theory: Discrete versus Continuous Populations" Regional Science and Urban Economics, 20, 473-508.*
  24. Asami, Y. and A. Teraki (1990) "On Sequential Negotiation Procedures: Optimal Negotiation Orders and Land Prices" Regional Science and Urban Economics, 20, 537-556.*
  25. Ohta, H., Y. Asami and J. Kohlhase (1990) "Land, Labor and Product Markets Under Spatial Monopoly and Spatial Competition" in M. Chatterji and R.E. Kuenne (eds.) New Frontiers in Regional Science, Macmillan, London, 95-111.
  26. 浅見泰司(1990)「定期借家制度における「合理的」居住権価格設定の一試案」『日本不動産学会平成2年度秋季全国大会(学術講演会)梗概集』6, 5-8.
  27. Asami, Y. (1991) "A Note on the Derivation of the First and Second Derivatives of Objective Functions in Geographical Optimization Problems" Journal of the Faculty of Engineering, the University of Tokyo (B), 41(1), 1-13.
  28. Suzuki, T., Y. Asami and A. Okabe (1991) "Sequential Location-Allocation Problem of Public Facilities" Mathematical Programming B, 52, 125-146.*
  29. 浅見泰司(1991)「公的住宅供給政策における「公正」な入居管理システムに関するモデル分析:割増家賃の決定方法」『日本都市計画学会学術研究論文集』26(B), 691-696.*
  30. Asami, Y. and A. Teraki (1991) "Reply to the Comments by Hans Wiesmeth" Regional Science and Urban Economics, 21, 139-141.
  31. Asami, Y., M. Fujita and T.E. Smith (1991) "Reply to Comments by Berliant" Regional Science and Urban Economics, 21, 647-648.
  32. 浅見泰司(1991)「開発利益の公共還元:分類・意義・方法について」『日本不動産学会平成3年度秋季全国大会(学術講演会)梗概集』7, 101-104.
  33. 浅見泰司(1992)「賃貸住宅の家賃設定:民間賃貸住宅契約の標準家賃と公的住宅の割増家賃設定の考え方」『住宅土地経済』4, 10-17.
  34. Asami, Y., M. Fujita and J.-F. Thisse (1993) "A Land Capitalization Approach to the Efficient Provision of Urban Facilities" Regional Science and Urban Economics, 23, 487-522.*
  35. Asami, Y. (1993) "On the Evaluation of Residential Lots: With a Focus on Their Shape" Proceedings of the International Conference on Land Problem and Urban Policy, Kyoto University, August 19-22, 1993, 292-326.
  36. Maniruzzaman, K.M., Y. Asami and A. Okabe (1993) "Land Use and the Geometry of Lots in Setagaya Ward" Papers and Proceedings of the Geographic Information Systems Association (地理情報システム学会講演論文集), 2, 19-24.
  37. 浅見泰司, 安元孝史(1993)「世帯主率法の拡張とその世帯主率係数行列の解釈」『都市住宅学』Autumn,No.3,49-52.
  38. 浅見泰司(1993)「土地区画整理事業における敷地形状評価関数の不適切性」『総合都市研究』49, 67-79.
  39. 浅見泰司(1993)「土地区画整理における画地形状評価」『日本不動産学会平成5年度秋季全国大会(学術講演会)梗概集』9, 41-44.
  40. 浅見泰司(1994)「大都市における家賃補助政策の効果に関する研究」『日本不動産学会誌』9(1), 57-66.*
  41. Maniruzzaman, K.M., Y. Asami and A. Okabe (1994) "Land Use and the Geometry of Lots in Setagaya Ward, Tokyo" Theory and Applications of GIS, 2(1), 83-90.*
  42. Asami, Y., S. Funamoto, N. Hiraoka, J.H.P. Paelinck and T. Kawashima (1994) "Mathematical Characteristics of ROXY Index (IV): ROXY Index as Compared with Correlation Coefficient" Gakushuin Economic Papers, 31(3), 155-171.
  43. 山崎律子, 浅見泰司(1994)「スケッチを用いた住宅地における景観認知特性に関する研究」『日本建築学会計画系論文報告集』466, 23-28.*
  44. 浅見泰司 (1994) 「土地利用規制」八田達夫()『東京一極集中の経済分析』日本経済新聞社, 東京, 95-130.
  45. Asami, Y. (1994) "The Effects of Housing Policy" Department of Urban Engineering, University of Tokyo: Contemporary Studies in Urban Planning and Environmental Management in Japan, Kajima Institute Publishing, Tokyo, pp.37-58.
  46. 浅見泰司(1994)「土地区画整理事業における住宅画地の形状評価」『住宅土地経済』12, 20-27.
  47. 浅見泰司, カンドカール . マニルザマン (1994)「住宅用画地の枢要形状存在仮説の統計的検証」『総合都市研究』53, 99-111.
  48. 浅見泰司, 頼美如(1994)「道路の公共負担の考え方:日本と台湾の土地区画整理手法の比較」『日本不動産学会平成6年度秋季全国大会(学術講演会)梗概集』10, 51-54.
  49. 伊藤史子, 岡部篤行, 浅見泰司, 馬場研二(1994)「ニューラルネットワークによる住宅選択行動の解析:応募者属性と選択住宅の規模・価格」『日本不動産学会平成6年度秋季全国大会(学術講演会)梗概集』10, 67-70.
  50. Asami, Y. and T.E. Smith (1995) "Additive-Ratio Measures of Interactivity in Input-Output Systems" Journal of Regional Science, 35, 85-115.*
  51. Asami, Y. (1995) "On the Evaluation of Residential Lots: With a Focus on Their Shape" Environment and Planning B, 22, 149-174.*
  52. Asami, Y. (1995) "Evaluation of Shape of Residential Lots in Land-Readjustment Projects" Regional Science and Urban Economics, 25, 483-503.*
  53. 浅見泰司 (1995) 「結婚と住宅問題」『結婚』東京大学公開講座, 東京大学出版会, 東京, 161-186.
  54. 浅見泰司(1995)「大都市における家賃補助政策の妥当性に関する研究」『住宅・土地問題研究論文集』20, 99-120, 住宅総合センター, 東京.
  55. 浅見泰司(1996)「分数型居住環境指標の性質」『都市住宅学』15, 60-65.*
  56. Asami, Y. and K.M. Maniruzzaman (1996) "A Statistical Test of the Critical Shape Hypothesis for Residential Lots" Environment and Planning B, 23, 575-590.*
  57. 浅見泰司(1996)「フランスの建設・住宅法典:構成と建築許可」『日本不動産学会平成8年度秋季全国大会(学術講演会)梗概集』12, 21-24.
  58. 浅見泰司(1996)「円形と長方形:住宅や部屋の形状の決定要因」『総合都市研究』60, 13-24.
  59. 浅見泰司(1997)「居住環境指標の妥当性」『住宅土地経済』23, 20-29.
  60. Asami, Y. (1997) "On the Shape of Houses and Rooms" Environment and Planning B, 24, 385-402.*
  61. 伊藤史子, 浅見泰司(1997)「当選確率を考慮した住宅地選択行動に関する一考察」『日本建築学会計画系論文報告集』500, 207-212.*
  62. 浅見泰司(1998)「合理的な道路斜線制限の必要条件」『都市住宅学』21, 103-109.*
  63. 浅見泰司(1997)「住宅政策における市場と計画」岩田規久男,八田達夫(編)『住宅の経済学』日本経済新聞社, 東京, pp.287-311.
  64. 浅見泰司, 石坂公一, 大江守之, 小山泰代, 瀬川祥子(1997)「少子化現象と居住コスト」『人口問題研究』53(4), 15-31.
  65. 浅見泰司,木戸浩司(1998)「国勢調査住宅関連統計のIPF法による度数分布表推計の精度:東京大都市圏を例として」『日本建築学会計画系論文報告集』514, 185-189.*
  66. 浅見泰司(1998)「住宅市街地形成論:交渉進行型住宅市街地整備システム」『都市住宅学』23, 17-22.*
  67. 浅見泰司,瀬川祥子(1998)「少子化現象と住宅事情」『住宅土地経済』29, 26-33.
  68. 今泉恭一,浅見泰司(1998)「阪神・淡路大震災における避難所到達距離の分析:震災時の道路距離に関する研究(その1)」『日本建築学会1998年度大会(九州)学術講演梗概集F-1797-798.
  69. 浅見泰司,木戸浩司(1998)「国勢調査住宅関連統計のIPF法による度数分布表推計の精度」『日本建築学会1998年度大会(九州)学術講演梗概集F-11143-1144.
  70. 日高靖郎,浅見泰司(1998)「遺伝的アルゴリズムを用いた画地分割最適化システム」『地理情報システム学会講演論文集』7, 275-280.
  71. 宋偉国, 浅見泰司(1998)「中国の住宅市場」『総合都市研究』67, 119-137.
  72. Maniruzzaman, K.M., A. Okabe and Y. Asami (1998) GIS for Disaster Management: In the Context of Cyclones in Bangladesh Proceedings of International Conference on Modeling Geographical and Environmental Systems with Geographical Information Systems, Vol.1, 304-311.
  73. 渡辺春彦, 浅見泰司(1999)「住民による住環境要素の評価と重要度認識」『住宅問題研究』15(2), 25-45.
  74. 今泉恭一,浅見泰司(1999)「震災時の道路閉塞推定モデルに関する研究:阪神・淡路大震災の実態調査に基づく分析」『日本建築学会1999年度大会(中国)学術講演梗概集F-1813-814.
  75. 浅見泰司(1999)「住宅・土地統計調査と住宅需要実態調査に表われる住宅・住環境」『住宅』48(11), 14-17.
  76. 浅見泰司,神谷浩史,島津利行(1999)「都市道路網の知覚的類似度」『総合都市研究』69, 187-199.
  77. 今泉恭一,浅見泰司(2000)「震災時の道路閉塞推定に関する研究:防災街づくりのための密集住宅市街地整備方策の定量的比較研究」『日本建築学会計画系論文報告集』, 529, 225-231.*
  78. 浅見泰司(2000)「動機適合的な土地利用規制:形態制限の合理化」『住宅土地経済』36, 28-35.
  79. Asami, Y. and T. Ohtaki (2000) Prediction of Shape of Detached Houses on Residential Lots Environment and Planning B: Planning and Design, 27, 283-295.*
  80. 宇都正哲, 浅見泰司(2000)「応募行動を考慮した公営住宅の応益的家賃体系に関する考察」『日本建築学会計画系論文報告集』, 531, 237-242.*
  81. 今泉恭一,浅見泰司(2000)「費用便益分析を用いた病院の適正配置評価手法に関する研究」『日本建築学会計画系論文報告集』 534, 203-210.*
  82. 浅見泰司(2000)「既成市街地の住環境整備:住宅政策と都市計画の転換」萩原清子()『都市と居住:土地・住宅・環境を考える』都市研究叢書17, pp.119-150.
  83. 浅見泰司(2000)「動機適合的な土地利用規制:形態制限の合理化」『住宅土地経済』36, 28-35.
  84. 高暁路,浅見泰司(2000)「戸建住宅地におけるミクロな住環境要素の外部効果」『住宅土地経済』38, 28-35.
  85. 浅見泰司, 石坂公一, 大江守之, 小山泰代, 瀬川祥子, 松本真澄(2000)「少子化現象と住宅事情」『人口問題研究』56(1), 8-37.
  86. 北川賢介,浅見泰司(2000)「トルコ・ブルサにおけるモスクの立地傾向:3次元地理情報システムを用いた地域研究」『地理情報システム学会講演論文集』9, 225-228.
  87. Gao, X. and Y. Asami (2001) “The External Effects of Local Attributes on Living Environment in Detached Residential Blocks” Urban Studies, 38, 487-505.*
  88. 宇都正哲, 浅見泰司(2001) 「地価や周辺地域の状況が土地利用遷移に与える影響に関する研究:東京23区を対象として」『都市住宅学』33, 101-110. *
  89. Asami, Y., A.S. Kubat and I.C. Istek (2001) “Characterization of the Street Networks in the Traditional Turkish Urban Form” Environment and Planning B, 28(5), 777-795.*
  90. 佐藤由美,浅見泰司(2001)「住環境概念」浅見泰司(編)『住環境:評価方法と理論』東京大学出版会, pp.3-30.
  91. 浅見泰司,中村文彦(2001)「持続可能性の評価」浅見泰司(編)『住環境:評価方法と理論』東京大学出版会, pp.105-139.
  92. 浅見泰司,伊藤史子(2001)「住環境指標と総合化」浅見泰司(編)『住環境:評価方法と理論』東京大学出版会, pp.169-205.
  93. 浅見泰司(2001)「住環境水準の設定と合意形成」浅見泰司(編)『住環境:評価方法と理論』東京大学出版会, pp.207-222.
  94. 浅見泰司,近藤英心(2001)「建物名称に含まれる地名の分布による地区ブランド力の分析」『地理情報システム学会講演論文集』10, 39-43.
  95. 飛岡美弥,浅見泰司(2001)「児童の都市計画教育ツールの開発とその効果」『地理情報システム学会講演論文集』10, 255-258.
  96. 浅見泰司(2001)「居住,住環境および宅地の水準」『日本不動産学会誌』14(4), 53-61.
  97. 浅見泰司(2001)21世紀の都市計画モデル」『季刊未来経営』1, 30-36.
  98. 浅見泰司(2001)「住環境水準の指標」『都市住宅学』33, 39-44.
  99. 浅見泰司(2001)「都市計画から見た「都市再生」のポイント」『季刊未来経営』3, 40-45.
  100. 劉淑惠,浅見泰司(2001)「台南老街之居民環境意識調査研究」『農業経営管理年刊』, 7, 89-109.*
  101. 浅見泰司(2002)「2 不動産学の学際性」1-2不動産学の形成,社団法人日本不動産学会(編)『不動産学事典』住宅新報社, pp.9-11.
  102. 浅見泰司(2002)3-7住宅地計画」社団法人日本不動産学会(編)『不動産学事典』住宅新報社, pp.118-123.
  103. 浅見泰司(2002)「不動産GISと不動産評価」田中啓一(編)『都市と環境の公共政策:日本経済再生に向けて』中央経済社, 東京, pp.155-163.
  104. 浅見泰司(2002)「まちづくりの公共性と合意形成」『エコノミックス』No.7, 152-159.
  105. 高暁路, 浅見泰司(2002)「戸建住宅の価格形成に関する空間影響の探索」『住宅土地経済』44, 10-21.
  106. 劉淑恵, 浅見泰司(2002)「台湾における省籍の違いに着目した商店街景観認知の評価分析」『日本不動産学会誌』16(1), 103-114.*
  107. 劉淑恵, 浅見泰司(2002)「台湾における景観分析の研究に関する史的考察」『環境共生』7, 25-34.*
  108. 高暁路, 浅見泰司(2002)「市場学方法与城市規則研究」『城市規則』26(5), 6-13.*
  109. Gao, X., Y. Asami and C.J. Chung (2002) “An Empirical Evaluation of Hedonic Regression Models” ISPRS Commission IV Symposium of the Joint International Event on GeoSpatial Theory, Processing and Applications, July 8-12, 2002, Ottawa, Canada.
  110. 浅見泰司, 中野英夫, 小林庸至(2002)「東京二十三区の再編」『都政研究』35(8), 4-9.
  111. Choi, J.M., Y. Asami (2002) “An Alternative Method for Extracting Unexpected Patterns from Huge Attributes Using Conditional Contingency Table in Marketing” A. Zanasi, C.A. Brebbia, N.F.F.E. Ebecken, P. Melli (eds.) Data Mining III, WIT Press, Southampton, pp.113-120.
  112. 小林庸至, 中野英夫, 浅見泰司(2002)「都市部における行政区域の再編に関する研究:東京23区部を対象として」地理情報システム学会講演論文集』11, 195-198.
  113. 浅見泰司, 木村隆紀, 羽田正, 深見奈緒子(2002)「空間推論を用いた歴史的旅行記における経路と建物位置の推定」『地理情報システム学会講演論文集』11, 369-372.
  114. 森崎千雅, 浅見泰司(2002)「イスタンブールにおける街路構造の古地図と現代地図による比較分析」地理情報システム学会講演論文集』11, 377-380.
  115. 小林庸至, 中野英夫, 浅見泰司(2002)「経常費用を考慮した東京23区の再編案に関する考察」『社団法人日本不動産学会平成14年度秋季全国大会(学術講演会)梗概集』18, 41-44.
  116. 伊藤史子, 浅見泰司(2002)「住環境指標群の専門家による評価との関連性の分析」『社団法人日本不動産学会平成14年度秋季全国大会(学術講演会)梗概集』18, 85-88.
  117. 崔廷敏, 浅見泰司(2002)「都市基盤整備公団の賃貸住宅居住者の居住満足度評価」『社団法人日本不動産学会平成14年度秋季全国大会(学術講演会)梗概集』18, 93-96.
  118. 浅見泰司,高暁路(2002)「都市計画と不動産市場:住宅価格を左右する住環境」西村清彦(編)『不動産市場の経済分析:情報・税制・都市計画と地価』日本経済新聞社,pp.129-150.
  119. 西村清彦,浅見泰司,清水千弘(2002)「不完全情報がもたらす損失:東京住宅流通市場での計測」西村清彦(編)『不動産市場の経済分析:情報・税制・都市計画と地価』日本経済新聞社,pp.151-194.
  120. Asami, Y. and X. Gao (2002) “Mini Detached Houses on Small Lots in Metropolitan Areas in Japan” Ian Douglas and Shu-li Huang (eds.) Urbanization, East Asia and Habitat II, UN NGO Policy Series No.2, Chung-Hua Institution for Economic Research, Taipei, Taiwan, pp.179-199.
  121. 浅見泰司(2002)「多様な生活スタイルの選択を包容する都市」日端康雄,北沢猛(編)『明日の都市づくり:その実践的ビジョン』慶應義塾大学出版会,東京,pp.27-37.
  122. 浅見泰司(2002)「個を集団に展開する広域調整システム」日端康雄,北沢猛(編)『明日の都市づくり:その実践的ビジョン』慶應義塾大学出版会,東京,pp.167-180.
  123. 崔廷敏,浅見泰司(2002)「駅との空間関係から見た再開発地区の分布と特性:東京23区の第1種市街地再開発事業を事例として」『日本不動産学会誌』16(3), 91-101.*
  124. Liu, S.-H., Y. Asami, and T. Amada (2002) “Difference in Streetscape-Consciousness Through Evaluation by University Students in Taiwan and CanadaStudies in Regional Science, 32(2), 1-14.*
  125. 崔廷敏, 浅見泰司(2003)「大量の属性データからの興味深いルールの抽出手法:新規分譲マンションの契約者データへの適用」『日本建築学会計画系論文集』564, 303-310.*
  126. 宇都正哲, 浅見泰司(2003)「東京都区部の住み替え構造に関する研究:住宅ストックと居住世帯のミスマッチ解消に向けて」『日本建築学会計画系論文集』567, 103-110.*
  127. 廷敏, 浅見泰司(2003)「賃貸住宅居住者の満足度評価に見られる潜在的評価構造」『都市住宅学』42, 86-97.*
  128. 浅見泰司,古倉宗治,奈良朋彦(2003)「土壌汚染と都市計画、土地利用」資産評価政策学会(編)『土壌汚染 その総合的対策:調査技術、法律、鑑定、土地利用』ぎょうせい, 東京, pp.201-221.
  129. 浅見泰司(2003)「ブルサの空間文化の価値」浅見泰司(編)『トルコ・イスラーム都市の空間文化』山川出版社, pp.66-74.
  130. 片岡裕介, 及川清昭, 浅見泰司(2003)「迷惑施設の立地適性に関する数理的考察」『環境アセスメント学会2003年度研究発表会要旨集』87-92.
  131. 高暁路,浅見泰司,勝又済,河中俊(2003)「敷地境界線の統計的推定」『地理情報システム学会講演論文集12, 37-42.
  132. 丹羽由佳理,浅見泰司(2003)「街区と敷地の形状分析:典型敷地を推定する手法の提案」『地理情報システム学会講演論文集12, 89-92.
  133. 浅見泰司(編)(2003)[姜富盛・康仁鎬・朴寅碩・李揆仁・崔廷敏(訳)]『住居環境-評価方法と理論』図書出版 時空文化社,ソウル. [Korean]
  134. 浅見泰司,釼持一郎,古倉宗治(2003)「土壌汚染に係る土地の評価と土地利用のあり方」財団法人土地総合研究所(編)『土地取引と土壌汚染問題への対応』ぎょうせい,東京,pp.53-61.
  135. 刀根令子,及川清昭,浅見泰司(2003)「東京における寺社境内の形態の特性に関する分析」『日本建築学会2003年度大会(東海)学術講演梗概集』F-1, 243-244.
  136. 片岡裕介,及川清昭,浅見泰司(2003)「ジニ係数に基づいた迷惑施設の立地特性に関する数理的考察」『日本建築学会2003年度大会(東海)学術講演梗概集』F-1, 995-996.
  137. 崔廷敏,浅見泰司(2004)「居住者満足度評価における居住者の価値観」『日本建築学会計画系論文集』576, 133-139.*
  138. 崔廷敏,浅見泰司(2004)「言語統計分析による住宅建設五箇年計画及び答申の特性分析:政策の立案と評価における非定型・大量情報の活用可能性」『日本建築学会計画系論文集』579, 89-96.*
  139. 崔廷敏,浅見泰司(2004)「居住期間と居住者の満足度評価に見られる特性」『都市住宅学』46, 72-82.*
  140. Dostoglu, N., K. Kitagawa, Y. Asami (2004) “Locational Tendency of Mosques in Bursa, Turkey: Regional Study Using Geographic Information System” Journal of Architectural and Planning Research, 21(3), 209-221.*
  141. 崔廷敏,金昶基,浅見泰司(2004)「住環境に対する社会的要求と政策的対応:新聞記事及び住宅建設五箇年計画に対する内容分析を通して」『都市計画論文集』39-3, 655-660.*
  142. 片岡裕介,及川清昭,浅見泰司(2004)「迷惑施設の立地適性に関する数理的考察」『都市計画論文集』39-3, 829-834.*
  143. 中田早耶,浅見泰司(2004)「敷地条件と住宅の室配置および建物配置の関係性:東京圏で新規供給された戸建住宅の分析」『都市住宅学』47, 17-22.*
  144. Chihiro Shimizu, Kiyohiko G. Nishimura, Yasushi Asami (2004) “Search and Vacancy Costs in the Tokyo Housing Market: Attempt to Measure Social Costs of Imperfect Information” Review of Urban & Regional Development Studies, 16(3), 210-230.*
  145. Yasushi Asami, Ayse Sema Kubat, Istek Cihangir (2004) “Application of GIS to Network Analysis: Characterization of Traditional Turkish Urban Street Network” Atsuyuki Okabe (ed.) Islamic Area Studies with Geographical Information Systems, RoutledgeCurzon, Taylor &Francis Group, London, pp.187-206.
  146. Yasushi Asami, Ayse Sema Kubat, Kensuke Kitagawa, Shinichi Iida (2004) “A Three-Dimensional Analysis of the Street Network in Istanbul: An Extension of Space Syntax Using GIS” Atsuyuki Okabe (ed.) Islamic Area Studies with Geographical Information Systems, RoutledgeCurzon, Taylor &Francis Group, London, pp.207-220.
  147. Kensuke Kitagawa, Yasushi Asami, Neslihan Dostoglu (2004) “Three-Dimensional View Analysis Using GIS” Atsuyuki Okabe (ed.) Islamic Area Studies with Geographical Information Systems, RoutledgeCurzon, Taylor &Francis Group, London, pp.243-252.
  148. 浅見泰司(2004)「国の住宅政策」(14.4.2節)梁瀬度子,中島明子,岩重博文,上野勝代,大森敏江,北浦かほる,長澤由喜子,西村一朗(編)『住まいの事典』朝倉書店, pp.434-435.
  149. Choi, Jung-Min and Yasushi Asami (2004) “Text- and Web-mining for the Evaluation of Housing Programs in Japan” Ian Douglas, Lee-in Chen and Yasushi Asami (eds.) The Information Society in the Asia Pacific Region: Diffusion, Access and Socio-economic Impact, UN NGO Policy Series No.4, Chung-hua Institution for Economic Research, Taipei, pp.253-281.
  150. 清水千弘,西村清彦,浅見泰司(2004)「不動産流通システムのコスト構造:不動産取引コストの把握」『住宅土地経済51, 28-37.
  151. 浅見泰司(2004)「新技術と都市の変化」『都市計画』249, 5-9.
  152. 刀根令子,浅見泰司,及川清昭(2004)「東京における寺社境内の都市緑地環境への貢献」『日本建築学会2004年度大会(北海道)学術講演梗概集』F-1, 507-508.
  153. 赤松沙樹,貞広幸雄,浅見泰司(2004)「看板注視点の移動パターンに関する時空間分析」『地理情報システム学会講演論文集』13, 307-310.
  154. 高橋昭子,生駒栄司,伊藤香織,浅見泰司,有川正俊,小口高,岡部篤行(2004)「研究機関用空間データ基盤システムの検討」『地理情報システム学会講演論文集』13, 443-446.
  155. 浅見泰司(2004)「住環境の住宅政策、消費者、市場における位置づけ」『季刊不動産研究』46(4), 1-7.
  156. 早川玲理,浅見泰司(2004)「居住者タイプに応じた住環境適地マップの構築」『都市住宅学』47, 148-153.
  157. Engindeniz, E. and Y. Asami (2004) “Understanding of City Structure: A Cognitive Map Analysis of Central Tokyo” Proceedings of the 6th International Symposium for Environment-Bahavior Studies, Baihua Literature and Art Publishing House, pp.73-84.
  158. Xiaolu Gao and Yasushi Asami (2005) “Estimating the Boundary Lines of Land Lots with a Multiobjecive Optimization Approach” Environment and Planning B: Planning and Design, 32, 581-596.*
  159. 浅見泰司(2005)「情報化の進展で都市は消滅するか?」都市住宅学会(編)『データで読みとく都市居住の未来』学芸出版社, pp.50-56.
  160. 高暁路,浅見泰司(2005)「ミクロな住環境のヘドニック分析」『資産評価政策学』7(2), 30-35.
  161. 田中麻理,浅見泰司(2005)「不動産物件の特性に基づいた住宅市場細分化モデルの構築」『住宅土地経済』56, 12-19.
  162. Yasushi Asami (2005) “Urban Regeneration in Tokyo” Ayse Sema Kubat, Ozhan Ertekin, Engin Eyuboglu (eds.) International Workshop on Sustainable Urban Regeneration: Proceedings & Presentations, Faculty of Architecture, Istanbul Technical University, Istanbul, Turkey, pp.63-70 & 163-185.
  163. 相尚寿,浅見泰司,貞広幸雄 (2005)「寄り道支援路線図の自動作成システム」『地理情報システム学会講演論文集』14, 273-276.
  164. 島田明夫, 渡辺晴彦, 浅見泰司(2006)「霞ヶ浦流域における持続可能な水質保全のための都市・農村間の排出枠取引モデル」『環境アセスメント学会誌』4(1), 65-76.*
  165. 田中麻理, 浅見泰司(2006)「コンサートホール前空間と音楽の適合性に関する考察」『MERA Journal(人間・環境学会誌)』9(2)31-39.*
  166. Xiaolu Gao, Yasushi Asami, Chang-Jo F. Chung (2006) “An Empirical Evaluation of Spatial Regression Models” Computers & Geosciences, 32, 1040-1051.*
  167. 早川玲理,浅見泰司(2006)「住まい意向に基づく住宅市場細分化−居住者満足度と住要求の分析に基づいた同質な居住者グルーピング法−」『日本建築学会計画系論文集』607, 127-133.*
  168. Xiaolu Gao, Yasushi Asami, Wataru Katsumata (2006) “Evaluating Land-Use Restrictions Concerning the Floor Area Ratio of Lots” Environment and PLanning C: Government and Policy, 24, 515-532.*
  169. 刀根令子,浅見泰司(2006)「住替え前後の住宅の改善度比較による住環境要素の選好階層構造:2003年住宅需要実態調査を用いた分析」『日本建築学会計画系論文集』608, 111-118.*
  170. 田中麻理,浅見泰司(2006)「都心および近郊における住宅市場構造の比較に関する考察」『都市住宅学』55, 16-21.*
  171. Yasushi Asami, Takanori Kimura, Masashi Haneda, Naoko Fukami (2006) “Estimation of Routes and Building Sites Described in Premodern Travel Accounts Through Spatial Reasoning” Atsuyuki Okabe (ed.) GIS-Based Studies in the Humanities and Social Sciences, Taylor & Francis, Boca Raton, pp.153-161.
  172. Yasushi Asami, Xiaolu Gao (2006) “Effect of Environmental Factors on Housing Prices: Application of GIS to Urban-Policy Analysis” Atsuyuki Okabe (ed.) GIS-Based Studies in the Humanities and Social Sciences, Taylor & Francis, Boca Raton, pp.211-228.
  173. 浅見泰司(2006)「市場を中心としてみた都市計画理論」高見沢実(編)『都市計画の理論:系譜と課題』学芸出版社, 京都市, pp.49-66.
  174. 浅見泰司(編著),高暁路ほか(訳)(2006)『居住環境:評価方法与理論』清華大学出版社.,北京.
  175. 社団法人住宅生産団体連合会(編)陣内秀信,浅野宏,浅見泰司,大野秀敏,正木覺,村上美奈子,藪野健,山中保教(2006)『まちなみ住宅のススメ』鹿島出版会.
  176. 市原健司, 浅見泰司, 貞広幸雄, 岡部篤行(2006)「経路特性と個人属性に着目した3次元地図の有効性に関する考察」『MERA Journal(人間・環境学会誌)』9(2)71.
  177. 赤松沙樹, 浅見泰司, 貞広幸雄, 岡部篤行(2006)「掲示位置による看板の注目度の相違に関する考察」『MERA Journal(人間・環境学会誌)』9(2)73.
  178. 片岡裕介, 浅見泰司(2006)「空間分布の少数の母点による最大密度被覆法とその応用」『2006年度日本計量生物学会シンポジウム講演予稿集−複雑な観察データの解析−』51-60. (日本計量生物学会、2006525日(木)、国立保健医療科学院 講堂(別館5階)).
  179. 浅見泰司,村上周三,伊香賀俊治,蕪木伸一(2006)「建築物の総合環境性能手法CASBEEに関する研究(その52):(仮称)「CASBEE-街区/地域」の評価手法(2)」『日本建築学会2006年度大会(関東)学術講演梗概集』D-1, 951-952.
  180. 岡垣晃,大村高広,中嶋まどか,浅見泰司(2006)「建築物の総合環境性能評価手法CASBEEに関する研究(その54):CASBEE-街区/地域による都心部再開発のケーススタディ」『日本建築学会2006年度大会(関東)学術講演梗概集』D-1, 955-956.
  181. 今井隆滋,三井所清史,浅見泰司(2006)「建築物の総合環境性能評価手法CASBEEに関する研究(その55):CASBEE-街区/地域による集合住宅団地開発のケーススタディ」『日本建築学会2006年度大会(関東)学術講演梗概集』D-1, 957-958.
  182. 白石靖幸,山室寿行,得丸史郎,浅見泰司(2006)「建築物の総合環境性能評価手法CASBEEに関する研究(その56):CASBEE-街区/地域による郊外新都市開発のケーススタディ」『日本建築学会2006年度大会(関東)学術講演梗概集』D-1, 959-960.
  183. Yasushi Asami (2006) “Bonsai City: From ‘Art of Planting’ to ‘Art of Planning’” Proceedings of the Annual Research Conference of the Royal Institution of Chartered Surveyors, 121-126.
  184. Yoh Shiraishi, Masatoshi Arikawa, Takeshi Sagara, Yasushi Asami (2006) "Spatial Document Management System for Ubiquitous Mapping” International Journal of Urban Sciences, (Institute of Urban Sciences, The University of Seoul), 10(2), 106-114.
  185. Xiaolu Gao and Yasushi Asami (2007) “Effect of Urban Landscapes on Land Prices in Two Japanese Cities” Landscape and Urban Planning, 81, 155-166.*
  186. 刀根令子,浅見泰司(2007)「居住者の価値観と住環境履歴が将来の住環境選好傾向に及ぼす効果」『日本建築学会計画系論文集』616, 23-30.*
  187. Xiaolu Gao and Yasushi Asami (2007) “Influence of lot size and shape on redevelopment projects” Land Use Policy, 24, 212-222.*
  188. 浅見泰司(2007) GISの地域研究への応用:歴史的文書記述からの空間関係の推論」『シンポジウム地域研究と情報学:新たな地平を拓く講演論文集』(200729-10日京都大学百周年時計台記念館)pp.137-143.
  189. 浅見泰司,有川正俊,大目晃弘(2007)「不動産情報の標準化:空間IDと標準書式」『社団法人日本不動産学会平成19年度秋季全国大会(第23回学術講演会)論文集』23, 151-156.
  190. 刀根令子,浅見泰司(2007)「土地関連情報の一元化提供システム構築へ向けて」『社団法人日本不動産学会平成19年度秋季全国大会(第23回学術講演会)論文集』23, 157-162.
  191. Eriko Okada, Yasushi Asami (2007) “A Pedestrian Route Choice Model to Evaluate Alternative Plans for Regeneration of Galata Region” ARI, The Bulletin of the Istanbul Technical University, 55(1), 11-32.
  192. 浅見泰司,有川正俊,白石陽,相良毅(2008)「健康危機管理のための空間ドキュメント管理システム」『保健医療科学』57(2), 137-145.*[総説]
  193. 郡山一明,片岡裕介,竹中ゆかり,浅見泰司,高橋邦彦,丹後俊郎(2008)「健康危機管理と小学校欠席状況サーベイランス」『保健医療科学』57(2), 130-136.*[総説]
  194. Yasushi Asami, Yukari Niwa (2008) “Typical lots for detached houses in residential blocks and lot shape analysis” Regional Science and Urban Economics, 38, 424-437.*
  195. 相尚寿,貞広幸雄,浅見泰司(2008)「中規模商業集積地における建物立地と建物用途分布の変化の時空間解析」『都市計画論文集』43-3, 103-108.*
  196. 浅見泰司(2008)「概論」村山祐司,柴崎亮介(編)『ビジネス・行政のためのGIS』シリーズGIS第4巻,朝倉書店,pp.1-12.
  197. Yasushi Asami (2008) “Urban and Regional Information Infrastructure” Yukio Sadahiro (ed.) Spatial Data Infrastructure for Urban Regeneration, cSUR-UT Series: Library for Sustainable Urban Regeneration Volume 5, Springer, Japan, pp.1-14.
  198. 田中麻理,浅見泰司(2008)「都心および近郊における住宅市場構造の比較に関する考察」『住宅土地経済』68, 19-26.
  199. 浅見泰司(2008)「歴史的文書記述からの空間関係の推論:シャルダン『イスファハーン誌』解読のためのGIS利用」『アジア遊学』113, 120-127.
  200. 植村哲士,宇都正哲,浅見泰司,Susana Mourato (2008) 「人口減少地域における人口減少がもたらす社会資本管理への具体的な影響―北海道の人口減少自治体の事例―」『日本計画行政学会第31回全国大会研究報告論文集』205-208.
  201. 相尚寿,貞広幸雄,浅見泰司(2008)「建物立地と建物用途情報を用いた商店街の時空間変化の解析」『地理情報システム学会講演論文集』17, 611-614.
  202. 浅見泰司(2009)「合意形成要件の最適化:マンションの建替決議を例として」『都市住宅学』64, 137-143.*
  203. Kanae Kondo, Jung Su Lee, Kiyoshi Kawakubo, Yusuke Kataoka, Katsumi Mori, Masahiro Umezaki, Taro Yamauchi, Hirofumi Takagi, Hiroshi Sunagawa, Akira Akabayashi (2009) “Association between daily physical activity and neighborhood environments” Environmental Health and Preventive Medicine, 14, 196-206.*
  204. 田中麻理,浅見泰司(2009)「物件間類似度と空間的距離の関係に関する分析」『社団法人日本不動産学会平成21年度秋季全国大会(第25回学術講演会)論文集』25, 21-28.*
  205. Kazi Saiful Islam, Yasushi Asami (2009) “Housing Market Segmentation: A Review” Review of Urban & Regional Development Studies, 21(2/3), 93-109.*

206.  Yasushi Asami, Yukio Sadahiro, Toru Ishikawa (2009) “Preface” Yasushi Asami, Yukio Sadahiro, Toru Ishikawa (eds.) New Frontiers in Urban Analysis: In Honor of Atsuyuki Okabe, CRC Press, Boca Raton, pp.ix-x.

207.  Yasushi Asami (2009) “Urban Analysis and Planning Theories” Yasushi Asami, Yukio Sadahiro, Toru Ishikawa (eds.) New Frontiers in Urban Analysis: In Honor of Atsuyuki Okabe, CRC Press, Boca Raton, pp.1-4.

208.  Yasushi Asami (2009) “Characterization of Ratio-Type Indices for Evaluating Residential Environment” Yasushi Asami, Yukio Sadahiro, Toru Ishikawa (eds.) New Frontiers in Urban Analysis: In Honor of Atsuyuki Okabe, CRC Press, Boca Raton, pp.5-13.

209.  Teruhisa Kamachi, Yasushi Asami, Atsuyuki Okabe (2009) “A Study of the Route-Memorizing Mechanism: Experiments through Computer-Aided Walking Simulation” Yasushi Asami, Yukio Sadahiro, Toru Ishikawa (eds.) New Frontiers in Urban Analysis: In Honor of Atsuyuki Okabe, CRC Press, Boca Raton, pp.51-63.

210.  浅見泰司(2009)「はじめに」日端康雄,浅見泰司,遠藤薫,山口幹幸,永森清隆,中川智之,楠亀典之,齋藤智香子,松村秀弦(2009)『東京モデル−密集市街地のリ・デザイン』清文社,東京

211.  浅見泰司(2009)「東京モデル−自律連携による都市マネジメント」日端康雄,浅見泰司,遠藤薫,山口幹幸,永森清隆,中川智之,楠亀典之,齋藤智香子,松村秀弦(2009)『東京モデル−密集市街地のリ・デザイン』清文社,東京, pp.1-18.

  1. 薄井宏行,浅見泰司(2009)建物接道判定のための最適なバッファ距離設定方法」『日本オペレーションズ・リサーチ学会2009年春季研究発表会アブストラクト集

213.  薄井宏行,浅見泰司(2010)GISを用いた建物敷地の接道判定のための簡便なバッファ距離設定方法」『日本建築学会計画系論文集』651, 1175-1180.*

214.  植村哲士,宇都正哲,浅見泰司(2010)「人口減少地域における社会資本管理の課題とその原因:北海道の自治体へのインタビュー調査結果」『計画行政』33(3), 44-53.*

215.  Chihiro Shimizu, Koji Karato, Yasushi Asami (2010) “Estimation of redevelopment probability using panel data: Asset bubble burst and office market in Tokyo” Journal of Property Investment & Finance, 28(4), 285-300.*

216.  相尚寿,貞広幸雄,浅見泰司(2010)「用途別の建物床面積と立地傾向の変容傾向による大都市圏駅前商店街の類型化」『都市計画論文集』45-2, 23-29.*

217.  薄井宏行,浅見泰司(2010)「建物と道路の近接性判定方法の比較分析」『GIS−理論と応用』18(2), 53-62.*

218.  浅見泰司(2010)「大学の教育・研究はどうなるべきか」福井秀夫,戸田忠雄,浅見泰司(編著)(2010)『教育の失敗:法と経済学で考える教育改革』日本評論社,東京,pp.207-230.

219.  浅見泰司(2010)「はじめに」浅見泰司,中井検裕,山口幹幸,佐土原聡,陣内秀信,遠藤薫,井関和朗,今泉宜子,奥森清喜,河村茂,楠亀典之,齋藤智香子,祖父江光治,中川智之『環境貢献都市 東京のリ・デザイン:広域的な環境価値最大化を目指して』清文社,東京.

220.  浅見泰司(2010)「これからの都市形成」浅見泰司,中井検裕,山口幹幸,佐土原聡,陣内秀信,遠藤薫,井関和朗,今泉宜子,奥森清喜,河村茂,楠亀典之,齋藤智香子,祖父江光治,中川智之『環境貢献都市 東京のリ・デザイン:広域的な環境価値最大化を目指して』清文社,東京, pp.3-16.

221.  蕪木伸一,村上周三,浅見泰司,山口信逸,中村太一,古川道信(2010)CASBEE-都市(低炭素版)におけるQ(環境品質,活動度)の評価について 建築物の総合環境性能評価手法CASBEEに関する研究 その93」『日本建築学会学術講演会』D-1, 1015-1016.

222.  川久保俊,伊香賀俊治,村上周三,浅見泰司,中村紀吉(2010)「建築物の総合環境性能評価手法CASBEEに関する研究 その94 CASBEE-都市(低炭素版)におけるL(環境負荷)のスコア化方法の検討について 」『日本建築学会学術講演会』D-1, 1017-1018.

223.  浅見泰司,村上周三,伊香賀俊治,川久保俊(2010)「建築物の総合環境性能評価手法CASBEEに関する研究 その95 CASBEE-都市(低炭素版)におけるQ評価に係る重みの設定について」『日本建築学会学術講演会』D-1, 1019-1020.

224.  古川道信,村上周三,浅見泰司,中村紀吉,岡本泰英,工月良太,田中章夫(2010)「建築物の総合環境性能評価手法CASBEEに関する研究 その96 CASBEE-都市(低炭素版)におけるL評価の2原則(発生地型・再配分型)について」『日本建築学会学術講演会』D-1, 1021-1022.

225.  岡本泰英,村上周三,浅見泰司,伊香賀俊治,蕪木伸一,工月良太,田中章夫,中村紀吉(2010)「建築物の総合環境性能評価手法CASBEEに関する研究 その97 CASBEE-都市(低炭素版)における将来値評価に係る実現可能度の検討について」『日本建築学会学術講演会』D-1, 1023-1024.

226.  Xiaolu Gao, Yasushi Asami (2011) “Preferential size of housing in Beijing” Habitat International, 35, 206-213.*

227.  Shuzo Murakami, Shun Kawakubo, Yasushi Asami, Toshiharu Ikaga, Nobuhaya Yamaguchi, Shinichi Kaburagi (2011) “Development of a comprehensive city assessment tool: CASBEE-City” Building Research & Information, 39(3), 195-210.*

228.  Afsana Haque, Yasushi Asami (2011) “Optimizing urban land-use allocation: case study of Dhanmondi Residential Area, Dhaka, Bangladesh” Environment and Planning B: Planning and Design, 38, 388-410.*

229.  上杉昌也,浅見泰司(2011)1990年代後半以降の世帯収入階層による地域内居住分化の検証:東京都大田区を事例として」『地理学評論』84-4, 345-357.*

230.  Hiroyuki Usui and Yasushi Asami (2011) “An Evaluation of Road Network Patterns Based on the Criteria for Fire-Fighting” Cybergeo: European Journal of Geography, Systems, Modelling, Geostatistics, Article 542, put online on 29 juin 2011, modified on 13 juillet 2011. URL : http://cybergeo.revues.org/23825. Consulted on 22 juillet 2011.*

231.  Jung Su Lee, Kanae Kondo, Kiyoshi Kawakubo, Yusuke Kataoka, Katsumi Mori, Masahiro Umezaki, Taro Yamaguchi, Yasushi Asami, Hirofumi Takagi, Akira Akabayashi (2011) “Neighborhood environment associated with daily physical activity measured both objectively and subjectively among residents in a community in Japan” Japanese Journal of Health and Human Ecology, 77(3), 94-107.*

232.  鈴木崇之,石川徹,貞広幸雄,浅見泰司(2011)「都市施設が居住者のまちへの愛着に及ぼす影響に関する研究」『都市計画論文集』46(2), 117-123.*

233.  薄井宏行,浅見泰司(2011)「建物後退距離と建物および道路密度」『都市計画論文集』46(3), 829-834.*

234.  村上周三,川久保俊,浅見泰司,伊香賀俊治,山口信逸,蕪木伸一(2011)「都市の総合環境性能ツールCASBEE-都市の開発:評価システムの理念と枠組み」『日本建築学会技術報告集』17(35), 239-244. [peer reviewed as reports]

235.  Kazi Saiful Islam, Yasushi Asami (2011) “Addressing Structural Instability in Housing Market Segmentation of the Used Houses of Tokyo, Japan” Procedia Social and Behavioral Sciences, 21, 33-42. [peer reviewed as proceedings]

236.  Kristoffer B. Berse, Fouad Bendimerad, Yasushi Asami (2011) “Beyond geo-spatial technologies: promoting spatial thinking through local disaster risk management planning” Procedia Social and Behavioral Sciences, 21, 73-82. [peer reviewed as proceedings]

237.  Takafumi Miura, Yasushi Asami (2011) “Hedonic Analysis for Estimation of Condominium Rent Utilizing WEB Information” Procedia Social and Behavioral Sciences, 21, 147-156. [peer reviewed as proceedings]

238.  Zhongyu He, Yasushi Asami (2011) “Valuation of Housing Preferences of Low-mid Income Households in Central Beijing” Conference Proceedings, 11th International Congress, Asian Planning Schools Association, September 19-21, 2011, The University of Tokyo, pp.580-588. [peer reviewed as proceedings]

239.  Kristoffer Berse, Yasushi Asami (2011) “From Yokohama with Love: Transferring Best Practices through International Municipal Cooperation” Conference Proceedings, 11th International Congress, Asian Planning Schools Association, September 19-21, 2011, The University of Tokyo, pp.830-841. [peer reviewed as proceedings]

240.  浅見泰司,丹羽由佳理(2011)「戸建て住宅地における形状からみた典型敷地の推定手法」『住宅土地経済』82, 21-27.

241.  片岡裕介,浅見泰司,浅利靖,郡山一明(2011)「心停止発生地点に着目したAEDの最適配置」『日本循環器病予防学会誌』46(3), 237-242.

242.  寺田徹,雨宮護,細江まゆみ,横張真,浅見泰司(2012)「暫定利用を前提とした緑地の管理・運営スキームに関する研究」『ランドスケープ研究(日本造園学会誌)』75(5), 651-654.*

243.  高橋一紀,石川徹,貞広幸雄,浅見泰司(2012)「アーケードが高齢者の雨天時の買い物行動に与える効果についての分析」『計画行政』35(3), 37-43.*

244.  雨宮護,寺田徹,横張真,浅見泰司(2012)「都市住民による農作物栽培活動の実施と食生活の質との関連:都市近郊のフードデザート問題解決への「農」からの貢献の可能性」『都市計画論文集』47(3), 229-234.*

245.  石川徹,浅見泰司(2012)「都市における居住満足度の評価構造に関する研究:居住属性、価値観、物的環境との関係から」『都市計画論文集』47(3), 811-816.*

246.  Takafumi Miura, Yasushi Asami (2012) “Hedonic analysis for the estimation of condominium rent utilizing web information” Environment and Planning B: Planning and Design, 39(6), 1049-1068. (doi:10.1068/b38027)*

247.  Kazi Saiful Islam, Yasushi Asami (2012) “Influence of Poverty on Internal Household Mobility Pattern of a City: A Case Study of Khulna City” Journal of Bangladesh Institute of Planners, 5, 37-57.*

248.  片岡裕介,浅見泰司,郡山一明(2012)「小学校欠席者数にもとづく感染症流行の時空間解析:2009年の新型インフルエンザを対象として」『GIS-理論と応用』20(2), 149-160.*

249.  浅見泰司(2012)「はじめに」浅見泰司,福井秀夫,山口幹幸(編)(2012)『マンション建替え:老朽化にどう備えるか』日本評論社,東京,pp.iii-ix.

250.  浅見泰司,石川徹(2012)「マンションの建替え平均年数と関連制度の効果分析」浅見泰司(2010)「はじめに」浅見泰司,福井秀夫,山口幹幸(編)(2012)『マンション建替え:老朽化にどう備えるか』日本評論社,東京,pp.115-132.

251.  Kristoffer Berse and Yasushi Asami (2012) “From Yokohama withy Love: Transferring Best Practices through International Municipal Cooperation” 11th International Congress: Planning for Sustainable Asian Cities, APSA 2011 Selected Papers, pp.200-211.

252.  Xiaolu Gao, Yasushi Asami, Yanmin Zhou, Toru Ishikawa (2013) Preferendces for Floor Plans of Medium-Sized Apartments: A Survey Analysis in Beijing, China” Housing Studies, DOI:10.1080/02673037.2013.759542*

253.  川久保俊,伊香賀俊治,村上周三,浅見泰司(2013)CASBEE都市による全国市区町村の環境性能評価」『日本建築学会環境系論文集』78(683), 63-72.*

254.  三田和巳,浅見泰司(2013)大都市圏の郊外住宅地における価格形成から見た公園緑地の効果に関する研究〜埼玉県春日部市を対象として〜」『都市住宅学』80, 77-85.*

255.  石川徹,浅見泰司(2013)「都市における用途混在および形態規制に対する居住者の意識と評価 −嫌悪要因解消の効果と性能規定の可能性についての考察−」『都市計画論文集』48(1), 1-8.*

256.  薄井宏行,浅見泰司(2013)「敷地の平均奥行の推定とその精度」『都市計画論文集』48(3), 357-362.*

257.  上杉昌也,浅見泰司(2013)「社会的混合の観点からみた居住者属性による近隣効果に関するヘドニック分析:東京都区部における所得階層分布に着目して」『都市計画論文集』48(3), 663-668.*

258.  石川徹,浅見泰司(2013)「利便施設の住宅地への混在に関する居住者の心理的評価」『都市計画論文集』48(3), 909-914.*

259.  石川徹,浅見泰司(2013)「都市の居住環境と用途混在についての居住者の意識の分析」『都市住宅学』81, 98-107.*

260.  宇都正哲,植村哲士,北詰恵一,浅見泰司(編)(2013)『人口減少下のインフラ整備』東京大学出版会,東京.

261.  Zhongyu He, Yasushi Asami (2014) “How Do Landowners Price their Lands during Land Expropriation and the Motives Behind It: An Explanation from a WTA/WTP Experiment in Central Beijing” Urban Studies, 51(2), 412-427.*  doi:10.1177/0042098013492227

262.  丸谷和花,石川徹,浅見泰司(2014)「郊外都市における高齢者の定住意向と居住満足度についての分析:千葉県柏市を対象として」『都市住宅学』84, 82-89.*

263.  Afsana Haque, Yasushi Asami (2014) “Optimizing urban land use allocation for planners and real estate developers” Computers, Environment and Urban Systems, 46, 57-69.  doi:10.1016/j.compenvurbsys.2014.04.004*

264.  上杉昌也,浅見泰司(2014)「社会経済的観点から見た施設立地と近隣居住地人口構成との空間的関係:東京都区部における商業施設の店舗類型と所得分布の関係」『都市計画論文集』49(3), 351-356.*

265.  薄井宏行,浅見泰司(2014)「敷地間口の分布関数と建物棟数密度:閉曲線上におけるポアソンボロノイ領域の長さ分布の応用」『都市計画論文集』49(3), 579-584.*

266.  鈴木雅智,浅見泰司(2014)「住宅地における空閑地の農的活用の評価とその空間配置の適正化に関する考察」『都市計画論文集』49(3), 609-614.*

267.  浅見泰司(編)(2014)『都市の空閑地空き家を考える』プログレス,東京.

268.  浅見泰司(2014)CASBEE-街区の概要紹介」日本建築学会(編)『スマートシティ時代のサステナブル都市・建築デザイン』彰国社, pp.78-80.

269.  浅見泰司,村上周三,蕪木伸一,橋本崇,工月良太,林立也(2014)「建築物の総合環境性能評価手法CASBEEに関する研究(その118):CASBEE-街区 ツール改訂の趣旨及び概要」『日本建築学会大会学術講演梗概集』1105-1106.

270.  蕪木伸一,村上周三,浅見泰司,橋本崇,山口信逸,内池智広(2014)「建築物の総合環境性能評価手法CASBEEに関する研究(その119):CASBEE-街区改訂版における環境品質QUDの評価内容」『日本建築学会大会学術講演梗概集』1107-1108.

271.  林立也,村上周三,浅見泰司,工月良太,川除隆広,川久保俊(2014) 「建築物の総合環境性能評価手法CASBEEに関する研究(その120):CASBEE-街区改訂版における環境負荷LUDの評価内容」『日本建築学会大会学術講演梗概集』1109-1110.

272.  橋本崇,村上周三,浅見泰司,内池智広,工月良太,林立也,伴武彦(2014) 「建築物の総合環境性能評価手法CASBEEに関する研究(その121):CASBEE-街区改訂版のケーススタディ概要」『日本建築学会大会学術講演梗概集』1111-1112.

273.  川久保俊,伊香賀俊治,村上周三,浅見泰司(2014)「建築物の総合環境性能評価手法CASBEEに関する研究(その122):CASBEE-都市による全国基礎自治体の環境性能評価:1990年と2010年の比較」『日本建築学会大会学術講演梗概集』1113-1114.

274.  Md. Manjur Morshed, Yasushi Asami (2015) “The role of NGOs in public and private land development: The case of Dhaka city” Geoforum, 60, 4–13. [doi:10.1016/j.geoforum.2015.01.001]*

275.  小林寛,浅見泰司(2015)「中心市街地での再開発事業による地価改善効果の時空間的波及に関する実証分析:高松丸亀町商店街における一連の再開発事業を事例として」『都市計画論文集』50(2), 239-245.*

276.  浅見泰司(2015)『都市工学の数理:基礎編』日本評論社.ISBN978-4-535-78773-5

277.  浅見泰司,矢野桂司,貞広幸雄,湯田ミノリ(編)(2015)『地理情報科学:GISスタンダード』古今書院,東京.

278.  浅見泰司(2015)「都市計画や空間土地利用におけるセンシングの活用,未来」公益社団法人土木学会構造工学委員会センシングと情報社会基盤研究小委員会委員長藤野陽三(編)『構造工学シリーズ24 センシング情報社会基盤』公益社団法人土木学会,東京,pp.287-289.

279.  西尾広也,関口達也,蛭田有希,浅見泰司,三田和巳(2015)「住宅地における緑化の費用便益分析:流山市のグリーンチェーン認定制度に着目して」『一般社団法人地理情報システム学会講演論文集』24, D-1-2.

280.  鈴木雅智,浅見泰司(2016)「借家借家法による空き家期間と機会費用の推定」『都市住宅学』92, 67-76.*

281.  Zhangyu He, Guofang Zhai, Yasushi Asami, Shoji Tsuchida (2016) “Migration intentions and their determinants: Comparison of college students in China and Japan” Asian and Pacific Migration Journal, 25(1)62-84. [DOI: 10.1177/0117196815621203]*

282.  Jianping Gu, Yasushi Asami (2016) “Vacant houses, duration for search and optimal vacancy rate in the rental housing market in Tokyo 23 Wards: Based on landlords’ optimal search model” Urban and Regional Planning Review, 3, 31-49. [http://doi.org/10.14398/urpr.3.31]*

283.  Masaya Uesugi, Yasushi Asami (2016) “A Block-level Estimation of Residential Characteristics Using Survey and Spatial Microdata” Urban and Regional Planning Review, 3, 123-145. [http://doi.org/10.14398/urpr.3.123]*

284.  Kimihiro Hino, Masaya Uesugi, Yasushi Asami (2016) “Official Crime Rates and Residents’ Sense of Security Across Neighborhoods in Tokyo, Japan” Urban Affairs Review, 1-25. [DOI: 10.1177/1078087416667619] OnlineFirst*

285.  Jianping Gu, Yasushi Asami (2016) “Optimal list price and duration of vacancy in the housing market in Tokyo” Review of Urban & Regional Development Studies, 28(3), 182-201. [doi: 10.1111/rurd.12053]*

286.  石川徹,浅見泰司(2016)「住宅地における用途の混在と性能規制に対する居住者の心理的評価に関する研究」『都市住宅学』95, 106-111.*

287.  對間昌宏,浅見泰司,樋野公宏,森岡渉(2016)「東京都心商業地域における街区内の建蔽部分の規定要因とその推定」『GIS−理論と応用』24(2), 85-96.*

288.  樋野公宏,石井儀光,浅見泰司,李廷秀(2016)「よこはまウォーキングポイント事業参加者の歩数傾向:201411月から20156月のデータ分析」『都市計画報告集』14, 299-304.

289.  山村俊貴,樋野公宏,浅見泰司(2016)「大規模商業店舗の地域貢献:千葉県における地域貢献計画届け出制度の評価」『都市計画報告集』15, 25-28.

290.  濱田貴之,樋野公宏,浅見泰司(2016)「高齢者の居場所としてのイートインコンビニの利用に関する研究:川崎市登戸での利用実態調査と供給側へのヒアリング調査を通じて」『都市計画報告集』15, 56-61.

291.  川久保俊,村上周三,伊香賀俊治,浅見泰司,藤野純一(2016)「建築物の総合環境性能評価手法CASBEEに関する研究(その130):CASBEE-都市(世界版)開発の基本理念と枠組み」『日本建築学会大会学術講演梗概集』1203-1204.

292.  山崎潤也,伊香賀俊治,村上周三,川久保俊,浅見泰司, 藤野純一(2016)「建築物の総合環境性能評価手法CASBEEに関する研究(その131):CASBEE-都市(世界版)を用いた世界各都市の評価」『日本建築学会大会学術講演梗概集』1205-1206.

293.  藤田省一郎,伊香賀俊治,村上周三,川久保俊,浅見泰司, 藤野純一,山崎潤也,鈴木健太郎(2016)「建築物の総合環境性能評価手法CASBEEに関する研究(その132):CASBEE-都市(世界版)を用いた世界188カ国の発展パターンの分類」『日本建築学会大会学術講演梗概集』1207-1208.

294.  Masahiro Taima, Yasushi Asami, Kimihiro Hino (2017) “The relation between block size and building shape” Environment and Planning B: Urban Analysis and City Science, on line first DOI: 10.1177/2399808317702897*

295.  Masahiro Taima, Yasushi Asami, Kimihiro Hino (2017) “Influential Factors of Building Footprint Location and Prediction of Office Shape in City Blocks in Tokyo’s Commercial Zones” Spatial Data Handling in Big Data Era (Selected Papers from the 17th IGU Spatial Data Handling Symposium 2016), Springer Nature Singapore Pte Ltd. (Chapter DOI: 10.1007/978-981-10-4424-3_14, ISBN: 978-981-10-4423-6)

296.  見泰司,安藤至大,親泊哲,笠谷雅也,福井秀夫,村辻義信,吉田修平(2017)2016年改正 新しいマンション標準管理規約』有斐閣,東京.(ISBN 978-4-641-13769-1

 

研究報告書

  1. 岡部篤行, 浅見泰司, 金子忠明, 吉川徹, 寺木彰浩(1988)「都市土地利用と地域地区制の関連を分析するための手法」『都市圏の環境計画の体系化,昭和62年度研究成果報告書』, 「人間環境系」研究報告集G005-N30, 60-61.
  2. 岡部篤行, 浅見泰司, 金子忠明, 吉川徹(1989)「地域地区制と土地利用変化の傾向:川崎市を対象として」『都市環境の管理に関する現行主要計画の機能・効果の分析と評価,昭和63年度研究成果報告書』「人間環境系」研究報告集G024-N31-01, 22-54.
  3. 岡部篤行, 浅見泰司, 金子忠明, 吉川徹(1990)「用途地域指定の土地利用遷移への影響の分析:川崎市を対象として」『都市圏における環境計画の体系化,平成元年度研究成果報告書』「人間環境系」研究報告集G026-N30, 20-21.
  4. 岡部篤行, 清水英範, 浅見泰司, 増田聡, 伊藤訓行, 吉川徹, 衣袋洋一, 金子忠明(1992)「都市環境情報処理システムの体系化」『平成3年度研究成果報告』文部省科学研究費重点領域研究「人間環境系」研究広報No.15, 294-297.
  5. 浅見泰司(1992)「都市計画・住宅政策における理論、論理について」『住宅政策理論と都市計画理論の連携のための基礎的研究:住宅問題小委員会平成3年度研究報告書』, 日本建築学会建築経済委員会, 4-5.
  6. 浅見泰司(1992)「都心居住推進の論拠」『住宅政策理論と都市計画理論の連携のための基礎的研究:住宅問題小委員会平成3年度研究報告書』, 日本建築学会建築経済委員会, 13-28.
  7. 浅見泰司(1992)「アメリカの借家制度・家賃規制」『住宅政策理論と都市計画理論の連携のための基礎的研究:住宅問題小委員会平成3年度研究報告書』, 日本建築学会建築経済委員会, 81-88.
  8. 浅見泰司(1992)「居住環境指標と環境心理的アプローチ」『住宅政策理論と都市計画理論の連携のための基礎的研究:住宅問題小委員会平成3年度研究報告書』日本建築学会建築経済委員会, 97-114.
  9. 浅見泰司(1992)「居住環境指標」『都市環境情報処理システムの体系化:平成3年度研究成果報告書』(文部省「人間環境系」重点領域研究N36B-10研究報告集)115-130.
  10. 浅見泰司(1992)「大都市における家賃補助政策の妥当性に関する研究」日本住宅総合センター報告書.
  11. 浅見泰司(1993)「家賃政策とその効果」『住宅政策理論と都市計画理論の連携のための基礎的研究−そのU:住宅問題小委員会平成4年度研究報告書』, 日本建築学会建築経済委員会, 110-133.
  12. 浅見泰司(1994)「東京一極集中と居住の問題」坂下昇(編)『東京一極集中問題の研究』研究報告, No.84, 日本経済研究センター, 東京, pp.107-118.
  13. 浅見泰司(1995)「結婚・ライフスタイル・住宅そして住宅政策」『ライフスタイルと住宅政策:1994年度研究報告書』日本建築学会建築経済委員会学術委員会, 9-12.
  14. 浅見泰司(1997)NCGIAの研究組織」『地理情報科学の深化と研究教育組織に関する研究』(平成8年度文部省科学研究費補助金基盤研究()()研究成果報告書), 284-289.
  15. 浅見泰司(1997)RRLネットワークの研究組織」『地理情報科学の深化と研究教育組織に関する研究』(平成8年度文部省科学研究費補助金基盤研究()()研究成果報告書), 290-291.
  16. 岡部篤行, 浅見泰司(1997)「地理情報科学研究センターの研究組織」『地理情報科学の深化と研究教育組織に関する研究』(平成8年度文部省科学研究費補助金基盤研究()()研究成果報告書), 299-304.
  17. 浅見泰司(1997)「住宅地計画論」『1996年度研究成果報告書「住宅市街地形成論」』都市住宅学会関東支部、住宅市街地形成論研究小委員会, 33-36.
  18. 浅見泰司, 石坂公一, 大江守之, 小山泰代, 瀬川祥子(1997)「平成8年度 居住コスト小委員会報告書」国立社会保障・人口問題研究所.
  19. 今泉恭一, 浅見泰司(1999)「大震災時における道路閉塞に関する研究」日交研シリーズA-257, 日本交通政策研究会, 東京.
  20. 浅見泰司, 石坂公一, 大江守之, 小山泰代, 瀬川祥子,松本真澄(1998)「少子化現象と居住コスト」『平成9年度厚生科学研究費(指定研究)報告書:家族政策および労働政策が出生率および人口に及ぼす影響に関する研究』国立社会保障・人口問題研究所, pp.1-32.
  21. 浅見泰司(1998)「総合的設計による交渉進行型住宅市街地整備方法」『1997年度研究成果報告書「住宅市街地形成論」』都市住宅学会関東支部、住宅市街地形成論研究小委員会, 3-1.
  22. 浅見泰司,石坂公一,大江守之,小山泰代,瀬川祥子,松本真澄(1999)「少子化現象と居住コスト」『家族政策および労働政策が出生率および人口に及ぼす影響に関する研究』厚生省科学研究費(課題番号H10-政策-032)総合報告書(平成8年度〜平成10年度), pp.27-69.
  23. 浅見泰司,瀬川祥子(1999)「居住状況と結婚・出産行動」『家族政策および労働政策が出生率および人口に及ぼす影響に関する研究』厚生省科学研究費(課題番号H10-政策-032)総合報告書(平成8年度〜平成10年度), pp.261-271.
  24. 浅見泰司(1999)「核家族世帯の出産に関わる擬似的居住コストの分析」『家族政策および労働政策が出生率および人口に及ぼす影響に関する研究』厚生省科学研究費(課題番号H10-政策-032)総合報告書(平成8年度〜平成10年度), pp.298-310.
  25. 浅見泰司(2000)「少子化現象と住宅」都市住宅事業研究会『都市居住の将来像に関する研究報告書』都市住宅学会, pp.1-5.
  26. 浅見泰司(2000)「超々高層建築物の空間形状と空間単位」日本建築学会超々高層特別研究委員会『超々高層のフィージビリティU』日本建築学会特別研究19, pp.49-52.
  27. 浅見泰司(2000)「都市計画理論の構築に向けて」都市計画学会大会ワークショップ2000生活空間の再構築に向けて, 都市計画理論研究会, pp.3-6.
  28. 浅見泰司,高暁路(2001)「都市部の戸建住宅地における住環境整備及び土地利用の効率化に関する計画学的研究」平成12年度土地関係研究支援事業研究成果報告書.
  29. 浅見泰司(2001)「少子化社会における都市居住」『都市居住の将来像に関する研究報告書』都市事業研究会, pp.55-59.
  30. 浅見泰司(2001)「情報化技術と都市計画」『情報化社会における交通と都市:情報化社会における交通と都市プロジェクト』日交研シリーズA-297, 日本交通政策研究会, pp.3-1-3-8.
  31. 浅見泰司(2001)「都市空間における公共性」(社)日本都市計画学会創立50周年記念ワークショップ資料,78-85.
  32. 浅見泰司(2002)「景観評価と合意形成プロセス」『第3回複雑システムの科学技術シンポジウム予稿集』pp.65-78.
  33. 浅見泰司(2002)「総括及び今後の研究課題」『都市居住の将来動向に関する研究報告書<第2部>都市再生政策における都市住宅に関する調査研究』2001年度都市住宅事業研究会, p.137.
  34. 浅見泰司,古倉宗治,奈良朋彦(2003)「土壌汚染と都市計画、土地利用」『民間都市開発の土地における土壌汚染の対応策に関する調査報告書』財団法人民間都市開発推進機構, pp.221-248.
  35. 浅見泰司(2004)「遺伝的アルゴリズムを用いた街区区画最適化システム」平成12年度〜平成15年度科学研究費補助金(基盤研究B(2))研究成果報告書.
  36. 浅見泰司(2005)「超高層集合住宅の可能性と問題点」第2回緊急研究討論会『超高層集合住宅の可能性と問題点』社団法人日本建築学会, p.15, 2005711, 建築会館ホール.
  37. 花木啓祐,浅見泰司,大塚佳臣(2006)「望ましい水環境の統合的評価と実現」『CSIS DAYS 2006全国共同利用研究発表大会 研究アブストラクト集』17.
  38. 李廷秀,浅見泰司,片岡裕介,川久保清,森克美,梅崎昌裕,山本太郎,高木廣文,下光輝一,井上茂,春名由一郎,砂川博史(2006)「住まいの近隣環境と近隣環境認知,日常生活行動との関連」『CSIS DAYS 2006全国共同利用研究発表大会 研究アブストラクト集』18.
  39. 竹中ゆかり,片岡裕介,浅見泰司,郡山一明(2006)「小学校欠席率によるインフルエンザ地域病勢等高線図の作成」『CSIS DAYS 2006全国共同利用研究発表大会 研究アブストラクト集』36.
  40. 片岡裕介,浅見泰司,浅利靖,郡山一明(2006)「地位の需要に対応したAED配置に関する研究」『CSIS DAYS 2006全国共同利用研究発表大会 研究アブストラクト集』73.
  41. 有川正俊,白石陽,相良毅,浅見泰司(2006)「人間−人間コミュニケーション世界で流通するドキュメントの空間化利用環境−SDMS (Spatial Document Management System)−」『CSIS DAYS 2006全国共同利用研究発表大会 研究アブストラクト集』74.
  42. 浅見泰司,太田充,有川正俊,河端瑞貴,伊藤史子,生駒栄司,白石陽,清水千弘(2006)「空間可変性に対応した次世代型不動産情報標準化」『CSIS DAYS 2006全国共同利用研究発表大会 研究アブストラクト集』75.
  43. 近藤香奈恵,李廷秀,川久保清,森克美,片岡裕介,浅見泰司,赤林朗,梅崎昌裕,山内太郎,高木廣文,下光輝一,井上茂,砂川博史(2007)「地方都市における地域住民の居住環境と身体活動との関連」『CSIS DAYS 2007全国共同利用研究発表大会 研究アブストラクト集』26.
  44. 中田早耶,浅見泰司,石川徹(2007)「住宅の間取り情報の重要性の定量化 −消費者の選好性に着目した−」『CSIS DAYS 2007全国共同利用研究発表大会 研究アブストラクト集』51.
  45. 浅見泰司(2007)「住生活基本法と今後の住宅政策(住生活の基本目標や成果指標について)」財団法人住宅都市工学研究所『第29回住宅まちづくりフォーラム「住生活基本法の制定と公的賃貸住宅の再編」報告書』財団法人住宅都市工学研究所, 東京, pp.23-45.
  46. 浅見泰司,石川徹,生駒栄司,高橋信人(2008)2.6 地理情報科学教育者連携:地理情報科学優良講義情報の選定と情報共有体制づくり」『地理情報科学標準カリキュラム・コンテンツの持続協働型ウェブライブラリーの開発研究』平成17年度〜19年度科学研究費補助金(基盤研究(A))研究成果報告書(研究代表者岡部篤行東京大学大学院工学系研究科教授)pp.236-244.
  47. 浅見泰司(2008)「住環境整備政策のための住環境評価と動機適合的施策最適化に関する研究」平成16年度〜平成19年度科学研究費補助金(基盤研究(B))研究成果報告書.
  48. 浅見泰司,片岡裕介(2008)「空間情報による地域環境評価データベースの作成・評価」『都市環境が住民の日常身体活動に及ぼす影響に関する調査研究』平成17年度〜平成19年度科学研究費補助金(基盤研究(A))研究成果報告書,pp.28-34.
  49. 李廷秀,浅見泰司,片岡裕介,森克美(2008)GISによる居住環境指標と住民の認知指標、歩数の比較−予備調査の結果−」『都市環境が住民の日常身体活動に及ぼす影響に関する調査研究』平成17年度〜平成19年度科学研究費補助金(基盤研究(A))研究成果報告書,pp.53-57.
  50. 李廷秀,片岡裕介,浅見泰司,森克美(2008)「東京都内における居住地域環境と身体活動との関連」『都市環境が住民の日常身体活動に及ぼす影響に関する調査研究』平成17年度〜平成19年度科学研究費補助金(基盤研究(A))研究成果報告書,pp.58-173.
  51. 李廷秀,近藤香奈恵,片岡裕介,浅見泰司,森克美,砂川博史,山内太郎,高木廣文(2008)「地方都市における居住地域環境と身体活動との関連」『都市環境が住民の日常身体活動に及ぼす影響に関する調査研究』平成17年度〜平成19年度科学研究費補助金(基盤研究(A))研究成果報告書,pp.174-182.
  52. 浅見泰司,佐土原聡,吉田聡,篠崎道彦,成田健一,三浦昌生,室町泰徳,松隈章,山村慎司,沢田英一(2010)「V.都市・地域環境評価小委員会報告」『環境技術と建築・街並み・地域のあり方特別調査委員会報告書』日本建築学会環境技術と建築・街並み・地域のあり方特別調査委員会, pp.81-104.
  53. Masako Yoneda, Akira Wada, Teruhiko Yoda, Kazuo Tamura, Yasushi Asami, Kimiro Meguro (2015) “Joint statement and cooperation of 30 disaster-related academic societies of Japan: Global sharing of the findings from the past great earthquake disasters in Japan” (OS8-3-4) presented at Oral Session OS 8-3, World Engineering Conference and Convention 2015 (WECC2015), Kyoto International Conference Center, Kyoto, November 29-December 2, 2015.

 

論説・その他

  1. Asami, Y. (1988) "Book Review: 'Land Markets and Land Policy in a Metropolitan Area: A Case Study of Tokyo' by Yuzuru Hanayama" Annals of Regional Science, 22(3), 120-122.
  2. 浅見泰司(1989)「都市計画研究の中の「都市解析」」『都市計画』161, 46-49.
  3. 浅見泰司(1990)「大都市地域における住宅供給について」『住宅』39(11), 20-25.
  4. Asami, Y. (1991) "Book Review: 'Spatial Structures' by Martin J. Beckmann and T ru Puu" Regional Science and Urban Economics, 21, 649-653.
  5. 浅見泰司(1991)「標準家賃設定に関するメモ」『新社宅システム家賃問題報告書』
  6. 浅見泰司(1991)「施策の公共性と基準」平成3年度高等課程住宅行政科研修テキスト, 建設省建設大学校.
  7. 浅見泰司(1992)「土地・住宅問題(都市計画研究の現状と展望)」『都市計画』173, 63-67.
  8. 浅見泰司(1992)「区政における住宅政策について」『都政研究』25(5), 4-9.
  9. 浅見泰司(1992)「都心居住推進政策の評価と方向性」『都心居住に関する日米共同研究調査報告書』千代田国際シンポジウム実行委員会, 72-86.
  10. 浅見泰司(1992)「開発利益還元制度の備えるべき理論的条件」『日本不動産学会平成4年度秋季全国大会(学術講演会)梗概集』8, 143-146.
  11. 浅見泰司(1992)「文献紹介・新刊抄録:『最適都市を考える』宇沢弘文・堀内行蔵編」『都市計画』178, 82.
  12. 浅見泰司(1992)「施策の公共性と基準」平成4年度高等課程住宅行政科研修テキスト, 建設省建設大学校.
  13. 「東京大学工学部助教授浅見泰司氏に聞く:長期的視点での施策を」『住宅産業新聞』1992122.
  14. 「不動産教室:家賃補助の理論的考察:政策効果の分析必要:賃貸市場歪める懸念も」『住宅新報』199342.
  15. 「シンポジウム:地価に帰着した開発利益の還元制度の理想と現実」『日本不動産学会誌』8(3), 3-36.(パネラー)
  16. 浅見泰司(1993)「施策の公共性と基準」平成5年度高等課程住宅行政科研修テキスト, 建設省建設大学校.
  17. 「住宅政策の効果(1)」『住宅産業新聞』1993728.
  18. 「住宅政策の効果(2)」『住宅産業新聞』199391.
  19. 「住宅政策の効果(3)」『住宅産業新聞』1993929.
  20. 「住宅政策の効果(4)」『住宅産業新聞』1993113.
  21. 「住宅政策の効果(5)」『住宅産業新聞』1993121.
  22. 「住宅政策の効果(6)」『住宅産業新聞』199422.
  23. 「都市に住みつづける方法:二段階利用権分譲方式の提案」『すまいろん』1994年冬号, 6-21.(パネラー兼司会)
  24. 浅見泰司(1995)「パリのアパルトマン」『宅建』5月号,16.
  25. 浅見泰司(1996)「都市工学から見た都市住宅学の学際的研究課題」『都市住宅学』13, 16-19.
  26. 浅見泰司(1996)「フランスのニュータウン開発」『月刊住宅着工統計』136, 18-21.
  27. 熊田禎宣, 八田達夫, 浅見泰司, 中里実(1996)「土地流動化対策と有効利用促進のシステム整備」『都市住宅学』臨時増刊号, 41-57. (パネラー)
  28. 浅見泰司(1996)「都市工学から見た都市住宅学の学際的研究課題」『都市住宅学』13, 16-19.
  29. 浅見泰司(1996)「フランスのニュータウン開発」『月刊住宅着工統計』136, 18-21.
  30. 浅見泰司(1997)「新たな住宅市街地形成論へ向けて:総合的設計による交渉進行型整備方法」『住宅』46(3), 41-46.
  31. 浅見泰司(1997)「新たな住宅市街地形成論へ向けて:交渉進行型整備の制度例」『住宅』46(5), 57-62.
  32. 浅見泰司(1997)「メタデータの整備の必要性」『統計』48(6), 38-39.
  33. 浅見泰司,五十嵐敬喜,福島隆司,椋周二,森稔,若林祥文(1988)「都市居住像のあり方-容積率緩和を問う」(都市住宅学会ワークショップ報告)『都市住宅学』21, 51-69.
  34. 浅見泰司(1997)「都市づくりにおける市場性と計画性」『早稲田大学まちづくりシンポジウム1997:講演資料集』31-34, July 5-6, 1997, 早稲田大学国際会議場.
  35. 浅見泰司(1999)「住宅の広さと子供数に見る少子化現象への影響」『住宅』48(2), 32-36.
  36. 浅見泰司(1998)「数式辞書」『建築雑誌』Vol.113, No.1424, 30-31.
  37. 浅見泰司(1998)「住宅政策と都市計画の連携」『日本建築学会1998年度大会建築経済部門・都市計画部門研究協議会「住宅政策と都市計画の連携、その到達点と今後の方向:バブルからポストバブルを経て」』27-29 (September 11, 1998, 九州産業大学,福岡市)
  38. 浅見泰司(1998)「イスタンブルの都市データと地理情報システム」『地中海学会月報』214(1998-11), 6, 地中海学会.
  39. 阿部孝夫,浅見泰司,井出多加子,下村郁夫(1998)「資産評価政策の課題と展望」『資産評価政策学』1, 11-19. (シンポジウム報告:資産評価政策学会発足記念研究フォーラム, November 4, 1997, 砂防会館別館「六甲」)
  40. 浅見泰司(1999)「住宅投資:万能な内需拡大策か?」『Intellectual CabinetNo.3, 6-7.
  41. 浅見泰司(1998)「画地形状と不動産GIS」『平成10年度講演会:転換期を迎えた不動産業界をどう生きるか』32-44, (社)愛知県宅地建物取引業協会,教育研究委員会,November,24,1998,一宮市民会館,愛知県一宮市.
  42. 浅見泰司(1999)「居住環境計画論」平成10年度専門課程地域計画科研修研修テキスト,建設省建設大学校計画管理部, January 29, 1999, 建設大学校.
  43. 浅見泰司(1999)「これからの街区・敷地形成のあり方」経団連国土・住宅政策委員会第7回土地・住宅部会, March 30, 1999, 経団連.(「これからの街区・敷地形成のあり方」『経団連くりっぷ』No.100, 14-15.
  44. 浅見泰司(1999)「「持続可能性」の発想を」『Intellectual CabinetNo.14, 2-3.
  45. 西尾茂文,武内和彦,浅見泰司(1999)「大学のあるべき姿と独立行政法人」『科学』69(11), 869-877.
  46. Asami, Y., A.S. Kubat and I.C. Istek (1999) Characterization of the Street Networks in the Turkish-Islamic Urban Form Proceedings of the International Symposium Beyond the Border: A New Framework for Understanding the Dynamism of Muslim Societies, Islamic Area Studies, pp. 279-309, Kyoto International Conference Hall, Kyoto, Japan, October 8-10, 1999.
  47. 浅見泰司(1999)「住環境の評価と整備」平成11年度専門課程住環境・住宅市街地整備科研修テキスト,建設省建設大学校計画管理部, November 10, 建設大学校.
  48. 浅見泰司(1999)「抽象概念の具体化:住宅地景観における評価概念の具体化」第2回複雑システムの科学技術シンポジウム, November 7, 1999, 東京大学数理科学研究科大講義室, pp.13-18.
  49. 浅見泰司(2000)「居住環境政策論」平成11年度専門課程地域計画科研修研修テキスト,建設省建設大学校計画管理部, January 26, 2000, 建設大学校.
  50. 浅見泰司(2000)「居住環境と晩婚化・少子化」平成11年度厚生科学研究政策科学推進研究事業発表会抄録集, pp.10-12, February 25, 2000, JAビル国際会議室.
  51. 浅見泰司(2000)「都市におけるミニ戸建て住宅の功罪」『住宅』49(11), 5-8.
  52. 山田徹, 浅見泰司(2000)「自転車と歩行者のすれ違い行動についての認知心理学的分析」『MERA Journal(人間・環境学会誌)』6(2), 31.
  53. 浅見泰司(2000)「計画行政における合意形成」(座長報告)『計画行政』23(1), 39-40.
  54. 浅見泰司(2000)1999年トルココジャエリ地震復興関連調査団(第二次調査団)速報会について」『建築雑誌』115(1452), 87-88.
  55. 浅見泰司(2000)「住宅・土地:都市計画研究の現状と展望」『都市計画』227, 65-69.
  56. 浅見泰司(2000)「「用:ツール」の視点から見た21世紀の都市計画」『都市計画』228, 21-24.
  57. 浅見泰司(2000)「居住環境政策論」平成11年度専門課程地域計画科研修研修テキスト,建設省建設大学校計画管理部, January 26, 2000, 建設大学校.
  58. 浅見泰司(2000)「居住環境と晩婚化・少子化」平成11年度厚生科学研究政策科学推進研究事業発表会, February 25, 2000, JAビル国際会議室.
  59. 浅見泰司(2000)「地域づくりの発想法」平成12年度総合課程政策基礎科研修研修テキスト,建設省建設大学校, June 9 & 13, 2000, 建設大学校.
  60. 浅見泰司(2000)「まちづくりと建築誘導」平成12年度専門課程まちづくり建築行政科研修テキスト,建設省建設大学校, September 4, 2000, 建設大学校.
  61. Gao, X. and Y. Asami (2000) The External Effects of Local Attributes on Living Environment in Detached Residential Blocks UDMS2000, September 11-15, 2000, Delft Technical University, Delft, Holland.
  62. 西村清彦, 相川宗徳, 浅見泰司, 石澤卓志, 森泉陽子(2001)「住宅土地の「統計ビッグバン」」『住宅土地経済』39, 3-15.
  63. 日端康雄,浅野光行,浅見泰司,岸井隆幸,北沢猛,高見沢邦郎,田代順孝,中井検裕,中津原努(2001)「ワークショップ報告:日本の都市計画21世紀ビジョンをめぐって」『都市計画』229, 131-136.
  64. 小林重敬,小泉重信,篠原二三夫,浅見泰司,大久保恭子(2001)21世紀の豊かな住まいに向けて」『住宅』50(1), 5-20.
  65. Asami, Y. and X. Gao (2001) External Effects of Local Attributes on Living Environment in Detached Residential Blocks” Seminar, Bartlett School of Graduate Studies, January 31, 2001, University College London, London.
  66. 浅見泰司(2001)「長寿命化の落とし穴」『月刊建設』45(2), 4-5.
  67. 浅見泰司(2001)「都市計画制度の大改革を」『Intellectual Cabinet50, 4-5.
  68. 浅見泰司,貞広幸雄,相良毅,杉盛啓明(2001)「東京大学空間情報科学研究センターの全国研究者支援構想」『森林航測』194, 1-4.
  69. 浅見泰司(2001)「インタビュー:東京大学・浅見泰司教授:「都市再生」の課題とポイントは?」『CRI』280, 8-9.
  70. 西村清彦,浅見泰司(2001)「経済教室:都市再生は民間主導で」『日本経済新聞』20011113日朝刊29.
  71. 西村清彦ほか(2001)「都市の再生から日本の再生へ」提言No.44,政策構想フォーラム.
  72. 浅見泰司(2002)「都市づくりの仕組みを変える骨格的事業と生活環境改善事業を同時実施」都市再生研究会意見広告『日本経済新聞』200218日夕刊4.
  73. 小口高,浅見泰司(2002)「東京大学−空間情報科学研究センター:連載 大学でGISを学ぼう!」『地理』47(4), 61-66.
  74. 浅見泰司(2002)「都市再生のための規制改革の方向性」『都市住宅学』37, 13-17.
  75. 高山正實,森稔,山下裕子,浅見泰司(2002)「職と住の融合した豊かな都市の実現に向けて:新たな時代の都心居住の可能性:Mixed Use」シンポジウム広告『日本経済新聞』2002328日夕刊10.
  76. 大田弘子,長谷川逸子,巽和夫,福島隆司,岡本圭司,山本和彦,浅見泰司,福井秀夫(2002)「都市再生を考える」都市住宅学会関東支部シンポジウム報告『都市住宅学』37, 55-71.
  77. 浅見泰司(2002)「景観評価と合意形成プロセス」『第3回複雑システムの科学技術シンポジウム予稿集』pp.65-78.
  78. 浅見泰司(2002)「都市におけるミニ戸建て住宅の功罪」『平成13年度講演記録集成:21世紀を考えるヒント(パートW)』株式会社日本建築センターすまいの産業ルネッサンス塾, pp.9-27.
  79. 浅見泰司, 齋藤裕美, 富川秀二, マリヨン I. ロバートソン, 西脇隆俊(2002)「都市再生の展望」(座談会)『新都市』56(8), 10-34.
  80. 浅見泰司(2002)「住環境のマネジメント」『住宅』51(12), 3-7.
  81. 浅見泰司(2002)「住環境と不動産価値」『社団法人日本不動産学会平成14年度秋季全国大会(学術講演会)梗概集』18, 106.
  82. 丸山英気,浅見泰司,巽和夫,中島明子,福島隆司,上原由起夫,大竹文雄,齊藤広子(2003)「都市住宅の10年:都市住宅学の到達点と課題」『都市住宅学』40, 4-20.
  83. 浅見泰司(2003)「都市住宅学の課題−都市工学の観点から」『都市住宅学』40, 25-26.
  84. 浅見泰司,工藤和美,篠原二三夫(2003)「これからの住宅と住宅政策」(座談会)『FORE (Future Of Real Estate)31, 4-11.
  85. 高見沢邦郎,森本信明,浅見泰司,佐々木龍郎,大川陸(2003)「座談会 都市型戸建てを考える」『家とまちなみ』22(1), 2-9.
  86. 浅見泰司(2003)「住環境と不動産価値」(第18回学術講演会シンポジウム基調講演)『日本不動産学会誌』16(4), 5-12.
  87. 高崎三男, 田辺敏夫, 三本木健治, 浅見泰司, 中出文平(2003)「都市再生と水辺空間:インフラストラクチュアの転換」(パネルディスカッション)『日本不動産学会誌』16(4), 13-28.
  88. 浅見泰司,宮崎昭彦(2003)「新たな役割を担うコーディネーター:プレハブ業界が地域のアドバイザー的な役割を」『JPA32(210), 6-10.
  89. 浅見泰司,剱持一郎,古倉宗治(2003)「土壌汚染に係る土地の評価と土地利用のあり方」『みんと』30, 4-9.
  90. 浅見泰司(2003)2003年問題:都市構造・都市管理の観点から」『日本不動産学会誌』17(2), 37-42.
  91. 浅見泰司,八田達夫,平山洋介,森泉陽子(2004)「新たな住宅政策を考える」『住宅土地経済51, 2-16.
  92. 浅見泰司(2004)GISと環境アセスメント」『環境アセスメント学会誌』2(1), 1-5.
  93. 浅見泰司(2004)「研究発表大会セッション報告(地理情報とモニタリング)」『環境アセスメント学会誌』2(1), 56.
  94. 浅見泰司(2004)「緑で住宅地の価値が変わる」『Green Archit. Tribune』第24, 1, 2004324, 創樹社.
  95. 浅見泰司,片山さつき,鈴木真生,田中啓一原科幸彦三橋博巳(2004)21世紀の不動産再開発をめぐる諸問題」パネルディスカッション『日本不動産学会誌』17(3), 18-53.
  96. 浅見泰司(2004)「これからの都市再構築のために」『日立評論』86(4), 5.
  97. 森本信明,浅見泰司,小林秀樹(2004)「論争・ミニ戸建て」『すまいろん』(財団法人住宅総合研究財団) 70, 7-27.
  98. 浅見泰司,松村秀一,村木美貴,和泉洋人,吉田不曇(2004)「都市住宅学会シンポジウム『コンバージョンとまちづくり』報告」『都市住宅学』45, 3-12.
  99. 浅見泰司(2004)「土壌・地下水汚染の対応策:都市計画的対応を中心として」『土壌・地下水汚染対策への技術開発』(「新政策」特集号)政策総合研究所, pp.14-15.
  100. 浅見泰司(2004)「資産価値のある住宅とは?日当たり1時間につき95万円!」『日経マネー』No.254(2004.7月号), 52.
  101. 浅見泰司(2004)「緑化と都市・地域の再生」『都市緑化技術』54, 10-13.
  102. 浅見泰司(2004)「地理:多様な知識を総合化する」『週刊東京大学新聞』2004914日火曜日, 2269(3).
  103. 浅見泰司(2004)「都市計画と空間情報」『空間情報シンポジウム200435-40, July 1, 2004, 有楽町朝日ホール.
  104. 浅見泰司(2005)「和としての不動産を高めるための不動産学」『日本不動産学会誌』18(3), 30-34.
  105. 隈研吾, 佐藤友美子, 浅見泰司(2005)「住まいと街のパラダイム転換」『FORE39, 1-7.
  106. 浅見泰司,上原由起夫,菅井雅昭,中井検裕,三國仁司,山内正教,山下明男,田中啓一(2005)「不動産証券化とまちづくり(パネルディスカッション)」『日本不動産学会誌』18(4), 12-33.
  107. 浅見泰司(2005)「損失を調整する仕組みを」『日経アーキテクチュア』No.796, p.73 (2005-5-16).
  108. 浅見泰司(2005)「未利用不動産を地域開放できる社会に」『土地総合研究』13(2), 1.
  109. 浅見泰司(2005)「資産価値の減じない住宅:維持管理と住環境の重要性」『不動産経済ファンドレビュー』No.006, 1.
  110. 浅見泰司(2005)「詳細情報の管理」『GIS-理論と応用』13(1), 巻頭edtorial note.
  111. 浅見泰司(2005)「公的賃貸住宅のあり方」『住宅』54(7), 3-7.
  112. 浅見泰司(2005)「環境分析のためのGISの現状と展望」『環境管理』41(8), 1-6.
  113. 浅見泰司(2005)「住宅政策の制度的枠組みの方向性:答申にあたって期待すること」『住宅』54(9), 39-40.
  114. 浅見泰司(2005)「都市住宅学の体系化」『都市住宅学』51, 126-131.
  115. 浅見泰司(2005)「公的住宅の方向性と公営住宅の家賃」国土交通省(編)『日本の住宅・都市’05』政策研究センター, pp.8-11.
  116. Yasushi Asami (2005) “Toward Far-Sighted Urab Regeneration” Summary Report, 8th EU Hitachi Science & Technology Forum, Technology & its Impact on the City of the Future, 20-22 May 2005, Athens, p.8.
  117. 浅見泰司(2006)「都市居住の未来と技術開発」『ANUHT(新都市ハウジングニュース)』41, 3-4.
  118. 浅見泰司(2006)「平成17年度秋季全国大会学術講演会座長報告 B-3住宅市場」『日本不動産学会誌』19(3), 35-36.
  119. 浅見泰司,久米良昭,福井秀夫,宮脇勝,三橋博巳(2006)「パネルディスカッション:自治体景観政策の規範・手法と市民参加による景観改善」『日本不動産学会誌』19(3), 49-60.
  120. 浅見泰司(2006)「都市・住宅分野における政策の転換点」全国用対連セミナー講演『関東用地』35, 1-15.
  121. 浅見泰司(2006)「住生活基本法の下で望む施策展開」『FORE (Future of Real Estate)43, 22-23.
  122. 浅見泰司(2006)「不動産情報整備の意義」『日本不動産学会誌』19(4), 10-15.
  123. 浅見泰司(2006)「イスタンブール・アクション・スタディ」『Sustainable Urban Regeneration』東京大学国際都市再生研究センター, Vol.3, 38.
  124. 浅見泰司(2006)20062007年度の編集委員会の体制」『GIS−理論と応用』14(1), 巻頭edtorial note.
  125. 浅見泰司(2006)「コンパクトシティ化を目指して」『ANUHT42, 36.
  126. 浅見泰司(2006)「都市の街並み景観は資産価値になっている」『ANUHT42, 39.
  127. 浅見泰司(2006)「都市居住の未来像について」『ANUHT42, 58-59.
  128. Yasushi Asami (2006) “CSIS, a hub of GI activities” Geospatial Today, 4(8), 34-35.
  129. 浅見泰司(2006)「住生活基本法下の住宅政策:動機づけの重要性」『らぴど』22, 2-3.
  130. 浅見泰司(2006)「住生活基本計画における目標・指標・水準」『住宅』55(7), 24-29.
  131. 浅見泰司(2006)「社会科学的観点からの緑環境の意義と評価」『IBECInstitute for Building Environment and Energy Conservation)』27(3), 8-11.
  132. 浅見泰司(2006)「住生活基本法で何が変わり、何を変えるべきか」『ANUHT43, 16-17.
  133. 浅見泰司,片岡裕介(2006)「東京大学空間情報科学研究センター:AED(自動体外式除細動器)の最適配置」『GIS NEXT17, 81.
  134. 浅見泰司(2006)「ハウジングバリューを高める住宅政策のあり方」国土交通省(編)『日本の公共事業'06』政策研究センター, 東京, pp.38-41.
  135. 浅見泰司(2006)「成果向上へ使途柔軟に(他研究流用認めよ:効率性評価を審査に活用)」経済教室,科学技術予算改革の方向下,日本経済新聞,2006118日朝刊27.
  136. 浅見泰司(2006)「「CASBEE(建築物総合環境性能評価システム)−まちづくり」の概要」『都市計画』55(6) (264), 76-79.
  137. 浅見泰司(2007)「書評 八田達夫(編著)都心回帰の経済学−集積の利益の実証分析−」『運輸政策研究』Vol.9, No.4, p.26.
  138. 浅見泰司加藤博粂原和代,西郷真理子(2007)「誰もが暮らしやすく賑わい続けるまちへ(座談会・コンパクトなまちづくりを考える)」『City in City19, 3-8.
  139. 浅見泰司(2007)「都市・住宅政策の定量的評価導入の問題点と今後」『月刊不動産流通』300, 82-83.
  140. 浅見泰司(2007)「プライバシーの保護は、個人の自覚とコミュニティーの力で」『i』(個人信用情報専門誌・アイ), 66, 20-21.
  141. 浅見泰司,板谷敏正,川口有一郎,清水千弘(2007)「不動産をめぐる「情報」について」(座談会)『人と国土2133(1), 19-32.
  142. 浅見泰司(2007)「景観規制のプラス・マイナスを考える」『FORE48, 6-7.
  143. 浅見泰司(2007)「住環境から見た都市緑地の経済価値」『不動産調査月報』352/353, 1-21.
  144. 浅見泰司(2007)「可視化からはじまる地区単位で環境を考えるまちづくり」『街並み』41, 6-7.
  145. 浅見泰司(鍾國輝 訳)(2007)「盆栽美學城市:從「植栽藝術」到「規劃藝術」」『經済前瞻』113, 122-127.
  146. 浅見泰司(2007)「不動産情報の一元化に向けて」国土交通省(編)『日本の住宅・都市'07』政策研究センター, pp.30-33.
  147. 浅見泰司(2007)CASBEE-まちづくりと建築の統合評価手法の概要」『CASBEE-まちづくり公開セミナー補助資料』(財)建築環境・省エネルギー機構, pp.31-42.
  148. 浅見泰司(2007)「空間的思考能力を養うためのコンピュータの活用方法とは」『GIS-理論と応用』15(2), 巻頭言.
  149. 浅見泰司(2007)「景観は街の総合指標にもなり得る」(インタビュー記事)『Housing Tribune329, 67.
  150. Kondo, K., Lee, J.S., Kawakubo, K., Mori, K., Kataoka, Y., Asami, Y., Akabayashi, A., Umezaki, M., Yamauchi, T., Takagi, H., Shimomitsu, T., Inoue, S. and Sunagawa, H. (2007) Relationship between Physical Activity and Neighborhood Environment in two different rural areas in Japan, Gymnica, 37(2), 62-63.
  151. Lee, J.S., Kawakubo, K., Kondo, K., Akabayashi, A., Kataoka, Y., Asami, Y., Mori, K., Umezaki, M., Yamauchi, T., Takagi, H., Shimomitsu, T., Inoue, S. and Sunagawa, H. (2007) Neighborhood Environment and Leisure-Time Physical Activity in Residents of Tokyo Metropolitan Area, Gymnica, 37(2), 68-69.
  152. 浅見泰司(2008)「明日の社会的共通資産:建設系分野からの重点研究課題提案」『学術の動向』13(3), 49.
  153. 清水千弘,浅見泰司(2008)「既存住宅市場の活性化にむけての条件」『既存住宅流通活性化プロジェクト』株式会社リクルート住宅総研,pp.54-61.
  154. 浅見泰司(2008)「平成15年住宅・土地統計調査のデータを用いた公的賃貸住宅の分析」『明日への統計2008』総務省統計局統計調査部, pp.10-11.
  155. 浅見泰司(2008)「学融合の道(愛称:けやき並木)」『創成』東京大学大学院新領域創成科学研究科vol.11, p.13.
  156. 浅見泰司(2008)「『郊外』再発見:住環境管理から」『多摩ニュータウン研究』10, 46-49.
  157. 浅見泰司(2008)「これからの住宅のセーフティネットのあり方」『住宅』57(6), 3-6.
  158. 中島正弘,浅見泰司,廣本裕一,石田英和,マイケル・オーエン,植松丘(2008)「日本の不動産をめぐる政策を考える:グローバス・ファイナンスを見据えた不動産市場の在り方:パネルディスカッション」『日本不動産学会誌』22(1), 20-36.
  159. 岡部篤行,浅見泰司(2008)「日本学術会議地域研究委員会・地域情報分科会の提言に向けて 公開シンポジウム『「地域の知」の統合に向けて』開催される」『地域情報学』No.3, 2.
  160. 浅見泰司(2008)「不動産IDEDIの整備に向けた取組み」『国土交通』No.92, 14-15.
  161. 相尚寿.貞広幸雄,浅見泰司(2008)「建物立地と建物用途情報を用いた商店街の時空間変化の解析」『CSIS Days 2008研究アブストラクト集』54.
  162. 浅見泰司(2008)「街づくりの計量革命」国土交通省(編)『日本の公共事業'08pp.32-35, 政策研究センター
  163. 浅見泰司(2009)「都市工学からみた「200年住宅」」『都市住宅学』64, 39-42.
  164. 今永博,恒松衛,今井朋紀,浅見泰司(2009)「低炭素社会におけるまちづくり:地方公共団体の取り組みに学ぶ」『都市住宅学』64, 99-111.
  165. 浅見泰司(2009)「人口減少社会の不動産政策」『不動産調査』366, 1-10.
  166. 浅見泰司(2009)「平成20年度秋季全国大会学術講演会報告」『日本不動産学会誌』22(4), 87-88, 92.
  167. 浅見泰司(2009)「今後の住宅政策への展望と期待」『住宅』58(5), 2-4.
  168. 浅見泰司(2009)「不動産情報の標準化」『都市住宅学』66, 4-6.
  169. 浅見泰司(2009)「新たな都市マネジメント・システムの構築」『新都市』63(8), 20-23.
  170. 浅見泰司(2009)「都市計画部会長に就任して」『新都市』63(9), 93.
  171. 相尚寿,貞広幸雄,浅見泰司(2009)「建物用途別の床面積と立地傾向の変化に着目した大都市圏駅前商店街の時系列解析」『CSIS Days 2008研究アブストラクト集』20.
  172. 薄井宏行,浅見泰司(2009)「東京23区における消防活動困難区域の分布」『CSIS Days 2008研究アブストラクト集』25.
  173. 浅見泰司(2009)「長期的な地域特性を見通した再開発」『再開発コーディネーター』142, 33.
  174. 浅見泰司,佐土原聡,室町泰徳,吉田聡,松隈章,山村慎司,沢田英一(2009)「都市・地域環境評価のあり方の提言に向けて」『環境技術と建築・街並み・地域のあり方』日本建築学会環境技術と建築・街並み・地域のあり方特別調査委員会,pp.11-14.
  175. 浅見泰司,佐土原聡,室町泰徳,吉田聡,松隈章,山村慎司,沢田英一(2009)「都市・地域環境評価」『環境技術と建築・街並み・地域のあり方』日本建築学会環境技術と建築・街並み・地域のあり方特別調査委員会,pp.132-146.
  176. 浅見泰司(2009)「都市の環境性能評価ツール「CASBEE-都市(低炭素版)」の概要」『都市計画』58(6) (No.282), 86-87.
  177. 浅見泰司(2009)「地方分権化を進めるために」国土交通省(編)『日本の住宅・都市'09』政策研究センター, pp.22-25.
  178. 坂本努,中川雅之,中城康彦,大久保恭子,丑澤正樹,浅見泰司(2009)「ストック型社会の不動産市場を考える:長期優良住宅の登場を受けて」平成21年度春季全国大会シンポジウム『日本不動産学会誌』23(3), 9-29.
  179. 浅見泰司(2010)「低炭素社会づくりと地域緑被率」『公園緑地』70, 1.
  180. 浅見泰司(2010)「エコ・コンパクトシティの実現に向けた都市計画関連制度の方向性」『新都市』64(2), 12-16.
  181. 浅見泰司(2010)「緑の経済価値」『CLA Journal169, 1-3.

182.  浅見泰司(2010)「動機適合的な計画システム」『季刊まちづくり』27, 65-69.

183.  浅見泰司(2010)CSRとエコ活動」『CE建設業界』59(9), 50-51.

184.  浅見泰司(2010)「地理:複数の視点で社会をとらえよ」『東京大学新聞』2010914日(火曜日)9.

185.  浅見泰司(2010)「スマートコミュニティ」『EAST TIMES(東日本保証広報誌)』181, 3.

186.  三浦展,渡邉美樹,浅見泰司(2010)「日本の成長を牽引する世界都市東京の将来像」『日本経済新聞』20101216日(木曜日)32-33.

187.  浅見泰司,五道仁実,渡邉浩司,矢口彰,海津優(2010)「地理空間情報の活用の場:22世紀を見据えた国土管理と人の暮らしを支える」『JACIC情報』100 [25(4)], 30-46.

188.  浅見泰司(2011)CASBEE-都市の概要」『IBEC31(5), 33-36.

189.  浅見泰司(2011)「時空間情報の処理技術の方向性」『測量』61(3), 4-5.

190.  有川正俊,浅見泰司(2011)「危機兆候の早期把握を目指した新たな情報管理システム:空間ドキュメント管理システムSDMSの有用性」『公衆衛生』75(7), 515-520.

191.  浅見泰司(2011)「合意形成要件の最適化:マンションの建替決議を例として」『住居』11, 65-79. (日本語・ハングル)

192.  浅見泰司,貞廣幸雄,石川徹,山田育穂,刀根令子,高橋一紀,鈴木崇之,岩本晃一,畠靖人,藤井純一郎(2011)「復興状況に合わせた段階的地区区分の明確化」『計画行政』34(4), 17. [提言]

193.  Yasushi Asami (2011) “International Conference: Spatial Thinking and Geographic Information Sciences 2011: Message from Editor” Procedia Social and Behavioral Sciences, 21, 1-2.

194.  浅見泰司(2011)「震災復興と都市計画」『日本不動産学会誌』25(2), 70-74.

195.  浅見泰司(2011)「都市マネジメントに向けた都市計画制度の転換」『新都市』65(11),6-11.

196.  浅見泰司(2012)「人口減少時代の都市・住宅政策」『日本の住宅・都市(2011)政策研究センター, 東京, pp.10-13.

197.  浅見泰司(2012)「日本経済全体の再生のための都市政策」Journal of Financial Planning, 144, 15-17.

198.  浅見泰司(2012)「市街地復興のための政策と制度」『土木学会誌』97(4), 79-80.

199.  浅見泰司(2012)「地区計画等の変遷と展望」『都市住宅学』77, 48-49.

200.  中川雅之,浅見泰司,伊藤裕幸,角南国隆,吉田修平(2012)「震災復興を支える不動産市場のソフトインフラのあり方」『資産評価政策学』14(2), 40-54.

201.  浅見泰司(2012)「都市の低炭素化が環境問題解決の第一歩 雪国ほどコンパクトシティ化の発想は強い」社会資本整備審議会都市計画制度小委員会浅見泰司委員長(東京大学教授)に聞く『不動産経済ファンドレビュー』2012.5.05, pp.8-10.

202.  浅見泰司(2012)「民間賃貸住宅における課題と展望」『住まいと電化』2012.6, 1-4.

203.  浅見泰司,柴山守(2012)「地理情報と自然・人文社会科学系データの統合化」『学術の動向』17(6), 78-81.

204.  浅見泰司(2012)「都市計画からみた不動産学への期待:根拠に基づく計画に向けて」『日本不動産学会誌』26(1), 6-9.

205.  浅見泰司(2012)「会長就任にあたって」『地理情報システム学会ニューズレター』82, 1-2.

206.  浅見泰司(2012)GISを超える空間情報科学の時代へ」『GIS NEXT40, 18-19.

207.  浅見泰司(2012)Next GIS学会」『GIS NEXT40, 93.

208.  浅見泰司,大月敏雄,木村孝之,熊倉隆治(2012)「国土再生へ、いま私たちが出来ること」パネルディスカッション『JAREA 鑑定のひろば』179, 27-28.

209.  浅見泰司(2012)「悪問のすすめ」『教育研究』67(9), 10.

210.  高田光雄,巽和夫,山崎福寿,浅見泰司,福井秀夫(2012)「学際的学術研究領域としての都市住宅学の到達点と課題・展望」座談会『都市住宅学』78, 4-13.

211.  坂村健,浅見泰司,柴崎亮介,越塚登,山田育穂,石川徹(2012)「東京大学情報学環・空間情報科学研究センターシンポジウム:空間を知る〜空間・情報・人間〜」『TRONWARE136, 38-40.

212.  浅見泰司(2012)「国際都市計画シンポジウムの新たな展開と新たな英文ジャーナルの創刊」『都市計画』299, 122-123.

213.  渡辺悦子,李廷秀,森克美,片岡裕介,川久保清,浅見泰司(2012)「居住地域の特性と幼児の身体活動ならびに肥満との関連」『CSIS DAYS 2012研究アブストラクト集』46.

214.  土屋瑠見子,李廷秀,片岡裕介,森克美,渡辺悦子,川久保清,浅見泰司(2012)「居住地区環境特性と膝関節痛ならびに身体活動量との関連」『CSIS DAYS 2012研究アブストラクト集』47.

215.  丸谷和花,石川徹,浅見泰司(2012)「千葉県柏市における高齢者の居住満足度と定住意向の分析」『CSIS DAYS 2012研究アブストラクト集』48.

216.  Yasushi Asami, Paul Longley (2012) “Editorial” Environment and Planning B: Planning and Design, 39(6), 975-977. (doi: 10.1068/b3906ge)

217.  浅見泰司(2012)「低炭素まちづくりに求められる都市構造」『公園緑地』73(3), 7-9.

218.  浅見泰司(2012)「暫定的土地利用の重要性」国土交通省(編)『日本の公共事業’12:震災等を踏まえた社会資本整備のあり方・進め方』政策研究センター, pp.22-25.

219.  浅見泰司(2013)「都市計画はどうあるべきか:人口減少社会の到来では都市計画の前提は逆転する」『不動産東京』160, 14-15.

220.  浅見泰司(2013)「大震災を契機に地域・まちづくりを考える」『学術の動向』18(3), 26-29.

221.  浅見泰司(2013)「塩竈市復興に携わって」東日本大震災 復興まちづくりのこれからに向けて(2)『新都市』67(3), 83-84.

222.  浅見泰司(2013)「地域ブランドの成立」『不動産経済ファンドレビュー』284, 1.

223.  浅見泰司(2013)「新年度を迎えるにあたって:地理情報および関連用語」『GISA-NL(地理情報システム学会ニューズレター)』85, 1.

224.  浅見泰司(2013)「地域活性化に向けて」『月刊建設』57, 4-5.

225.  浅見泰司(2013)「平成25年住宅・土地統計調査への期待」『明日への統計20132-3.

226.  浅見泰司,加藤仁美,北原啓司,小林義光,栗原裕康,速水雄一(2013)「パネルディスカッション:地域力の向上」都市計画シンポジウム市長と語る21世紀の都市計画−地域力の向上−『市政』62(5), 37-42.

227.  浅見泰司(2013)「空間情報技術を駆使した行政情報の逐次更新化」『測量』2013.6, 6-7.

228.  浅見泰司,伊藤明子,中川雅之,矢部智仁,吉田修平,福井秀夫(2013)「都市の構造変化を踏まえたこれからの不動産・まちづくり政策」パネルディスカッション『日本不動産学会誌』27(1), 5-26.

229.  浅見泰司(2013)「空閑地の都市問題 −周辺の土地利用といかに有効に連携させるか−」『Evaluation50, 1-6.

230.  浅見泰司(2013)「ビッグデータと地理空間情報」『都市計画』62(6), 10-13.

231.  浅見泰司(2013)「都市情報とビッグデータ」国土交通省(編)『日本の住宅・都市’13』政策研究センター,東京,pp.16-19.

232.  浅見泰司,親泊哲,川田邦則,山崎福寿,吉田修平(2014)「座談会 マンションの管理:適正な管理実現のための諸課題への対応」『季刊住宅土地経済』91, 2-18.

233.  浅見泰司(2014)「都市成熟化時代の都市再構築戦略」『経済人』68(3), 24-25.

234.  浅見泰司(2014)「空間情報の操作手法・応用化研究を進める東京大学空間情報科学研究センター」『シーダー』10, 90-91.

235.  浅見泰司(2014)「書籍探訪『人文地理学事典』人文地理学会編」『都市計画』63(2) [No.308], 76.

236.  浅見泰司(2014)「都市再生特別措置法などの改正」『不動産経済ファンドレビュー』335, 1.

237.  浅見泰司(2014)「水資源有効活用の一翼に」『水道産業新聞』201498日,4.

238.  浅見泰司(2014)「人口減少下の都市の成熟化と再構築」国土交通省(編)『日本の公共事業’14』政策研究センター,東京,pp.16-19.

239.  浅見泰司(2014)「谷口守著『入門 都市計画 都市の機能とまちづくりの考え方』森北出版株式会社 20141014日 146ページ(書評)」『地域学研究』44(3), 389-390.

240.  浅見泰司(2014)「空き家の都市問題」Evaluation52, 1-6.

241.  浅見泰司(2014)「近未来の東京:2020年の姿とその後」『都市住宅学』87, 3-5.

242.  浅見泰司(2014)「小地域住宅価格分布の推計と居住人口との関係」『CSIS DAYS 2014研究アブストラクト集35.

243.  小峰隆夫,小関正彦,村木美貴,森雅志,細野助博,浅見泰司(2015)「シンポジウム 都市・地域の老いにどう向きあうべきか?」『計画行政』38(1), 12-15.

244.  浅見泰司(2015)「空き家対策特別措置法が一部施行」『不動産経済ファンドレビュー』352, 1.

245.  浅見泰司(2015)「東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻の不動産学教育」『日本不動産学会誌』28(4), 47-50.

246.  浅見泰司(2015)「不動産学研究の広がり」『日本不動産学会誌』28(4), 112-115.

247.  浅見泰司,粟津貴史,大垣尚司,中川雅之,福井秀夫,矢部智仁,齊藤広子(2015)「空き家解消・活用のための不動産システムに関する具体的提言にむけて」『日本不動産学会誌』28(4), 161-171.

248.  浅見泰司(2015)「都市再生と立地適正化計画」『Ace建設業界』48(4), 30.

249.  松村秀一,浅見泰司,谷口守(2015)「多彩な生き方を受容する場としての「空き家」」『建築雑誌』130(1672), 12-17.

250.  浅見泰司(2015)「空き家対策の方向性:空き家発生のメカニズムと制度的課題」『季刊不動産研究』57(3), 13-22.

251.  浅見泰司(2015)「コンパクトなまちづくり」『区画整理』58(9), 6-11.

252.  浅見泰司(2015)「報告5 人口減少時代に対応した都市関連制度のパラダイム転換」『Science Council of Japan Section 1 Newsletter23(4), 13-14.

253.  浅見泰司(2015)「日本の大都市圏が抱える課題」『運輸と経済』75(10), 11-16.

254.  浅見泰司(2015)「書評:Yukio Adachi, Sukehiro Hosono, Jun Lio編『Policy Analysis in Japan』」『計画行政』38(4), 79.

255.  浅見泰司(2015)「都市計画基礎調査の改革」国土交通省(編)『日本の住宅・都市’15』政策研究センター,東京,pp.16-19.

256.  浅見泰司,栗田卓也,中川雅之,八代尚宏(2016)「都市間競争時代の都市政策」『都市計画』特別号:これからの都市計画,70-75.

257.  浅見泰司(2016)「住環境の経済評価」『都市住宅学』92, 8-11.

258.  浅見泰司(2016)「居住政策からみたマンション管理施策の必要性と考え方」『日本不動産学会誌』29(4), 170-174.

259.  浅見泰司,斎藤参郎,直井道生,中川雅之,唐渡広志,福井秀夫,西嶋淳,阪本一郎(2016)2015年度秋季全国大会(学術講演会)報告」『日本不動産学会誌』29(4), 211-218.

260.  浅見泰司,関口真幸,中川雅之,中城康彦,本間優子,三澤純,矢部智仁,齊藤広子(2016)「あらたな不動産情報システム構築に向けて(2015年度秋季全国大会(学術講演会)ワークショップ)」『日本不動産学会誌』29(4), 245-251.

261.  浅見泰司,川口雄一郎(2016)「空き家・空き室の住宅ストックを活用した公営住宅に準じた住居の整備」『賃貸Life43, 10-14.

262.  浅見泰司(2016)インタビュー,CRI, 451, p.7.

263.  浅見泰司(2016)「改修後押しで流通促進」(インタビュー記事)月曜討論「空き家対策」『北海道新聞』2016597.

264.  浅見泰司(2016)「空き家に特別な施策必要:目標実現へフォロー続ける」(インタビュー記事)新・住生活基本計画 展望と課題 シリーズ識者に聞く@」『週刊住宅』20165162.

265.  「東京の空閑地・空き家問題を考える(都市工学者・浅見泰司さんのお話し):近隣が手を出せない空閑地空き家問題には法整備が必要」『社会新報』2016689.(レポート記事)

266.  「応札可能者限られる:国土交通省社会資本整備審議会の新たな住宅セーフティネット検討小委員会で委員長を務める浅見泰司東京大教授(都市計画)の話」『神戸新聞』20166201面.

267.  浅見泰司(2016)「住生活基本計画の存在意義と特徴」『都市住宅学』94, 4-8.

268.  浅見泰司,玉井美子,太田潤,松本真澄,中川雅之(2016)「シンポジウム報告:公開市民フォーラム「新たな住生活支援のかたち」」『都市住宅学』94, 78-90.

269.  浅見泰司,加藤利男(2016)「新しい住生活基本計画と住宅金融支援機構」『季報住宅金融』38, 6-16.

270.  浅見泰司(2016)「住生活基本計画とこれからの住宅政策」『不動産経済ファンドレビュー』403, 1.

271.  浅見泰司(2016)「人口減少下の都市制度の変革」『学術の動向』21(9), 51-53.

272.  浅見泰司(2016)「住生活基本計画」『住宅』65(9), 3-8.

273.  浅見泰司,福井秀夫、松原忠義,山本博,荻野政男,室田昌子(2016)「パネルディスカッション「グローバル都市と不動産・住宅の短中期利用」」『日本不動産学会誌』30(2), 11-29.

274.  浅見泰司(2016)「都市再生の再評価と地方創生との協調」『新都市』70(9), 3-5.

275.  浅見泰司(2016)「民泊の現状と今後の方向性」『日事連』54(637), 16-19.

276.  浅見泰司(2016)「大学運営と時間負担」『淡青評論』1487, 24.

277.  浅見泰司(2016)「縮小社会の都市計画システム」『都市住宅学』95, 4-7

278.  浅見泰司(2016)「「皆のためのコンパクトシティ」へ」『都市問題』107(11), 4-14.

279.  浅見泰司(2016)「既存住宅市場の活性化に向けた条件」『月刊経団連』64(11), 28-29.

280.  丸山祐造,刀根令子,浅見泰司(2016)「ヘドニック分析における価格変数の秘匿処理」『CSIS Days 2016研究アブストラクト集』44.

281.  浅見泰司(2016)「住生活基本計画の機能と今後の展開」国土交通省(編)『日本の公共事業’16』政策研究センター,東京,pp.20-23.

282.  浅見泰司,中川雅之,深尾精一,和田康紀(2017)「新たな「住生活基本計画」について」(座談会)『季刊住宅土地経済』103, 2-14.

283.  浅見泰司(2017)「人口減少下のインフラ管理とコンパクトシティ化」『都市住宅学』96, 41-44.

284.  野田由美子,大口敬,鈴木敬,秋山剛,栗田卓也,浅見泰司(2017)「テクノロジーの進化はまちと産業に何をもたらすか?」公益社団法人都市住宅学会/公益社団法人日本不動産学会/資産評価政策学会 三学会シンポジウム『都市住宅学』96, 56-69.

285.  浅見泰司,野田由美子,大口敬,鈴木敬,秋山剛,栗田卓也(2017)「パネルディスカッション:技術革新はまちと産業に何をもたらすのか?」『日本不動産学会誌』30(4), 15-26.

 

Updated on May 5, 2017


浅見ホームページへ