社会調査法


開講

2016年度A2ターム

時限

月曜日4限(16:50-18:35

場所

本郷工学部14号館141教室


2016年度 社会調査法 授業予定

1.社会調査方法 樋野担当(11/212812/5

2.ノンパラメトリック検定 浅見担当(12/1219

3.クロス表の分析、n元配置、分散分析 栗栖聖担当(1/1623

クロス表の分析 栗栖担当(1/26


受講上の注意

  1. 成績評価はレポートの評価に出席点を加味して行う

 

浅見分レポート課題 (他の先生の分はその先生にきいてください)

 

問題1〜問題3のすべてについてレポートしなさい。

問題1 自分の家の近くの鉄道駅とその近くの別の鉄道駅の賃貸住宅の家賃について以下の要領で分析しなさい。

1)下記のサイトなどを参考に、自分の家の近くの鉄道駅とその近くの別の鉄道駅の駅勢圏にある賃貸住宅で似た条件(規模、構造、駅からの距離など)のものをそれぞれ10件ずつ選び、その概要を一覧にして示してください。

  参考サイト: http://suumo.jp/chintai/ http://www.athome.co.jp/rent/01/

         http://www.homes.co.jp/chintai/

2)Wilcoxonの順位和検定を用いて、両駅間の家賃の中央値に違いがあるか検定しなさい。

3)Kolmogorov-Smirnov検定を用いて、両駅の家賃分布が同じと言えるか検定しなさい。

4)上記分析を通しての考察・感想を簡単に述べてください。

 

問題2 自分でランダムと思うように09の数字を10×10の表に書き入れて、それが本当にランダムと言えるかどうかを検定してください。講義で紹介しなかった方法を使ってもかまいません。

 

問題3 講義の雑感、大学や学科、都市について思うことなど書いてください。

 

提出上の注意

1)レポート内容はwordもしくはpdf形式にまとめ、最初のページに学生証番号と氏名を明記してください。

2)ファイル名は、学生証番号+姓名.doc(またはpdf)としてください。[例:123456浅見泰司.pdf

3)2016116日までに、浅見(asami@csis.u-tokyo.ac.jp)まで添付ファイルつきメールで提出してください。

4)浅見にメールで提出後1日以内に、受領通知がいかない場合は、受け取っていない可能性があるので、印刷して郵送にて提出してください。郵送先は、

113-8568 文京区本郷7-3-1 東京大学工学部都市工学科 浅見泰司 宛

郵送の場合は、1/18消印まで有効とします。

なお、フリーメールなどの場合に、サーバーが自動判別してスパム扱いする可能性があるが、それでも復活させて受け取れている可能性があるので、1日は待ってください。