都市工学数理


開講

2017年度S1ターム

時限

月曜日4限(14:55-16:40

場所

工学部14号館141番教室


2017年度 都市工学数理 授業予定

1.微分方程式 福士担当(4/10, 4/17, 5/22

2.数学的最適化 浅見担当(4/24, 5/1, 5/15

3.クラスター分析 樋野担当(5/8


受講上の注意

  1. 成績評価はレポートの評価に出席点を加味して行う

 

浅見分レポート課題 (他の先生の分はその先生にきいてください)

 

2017年度 都市工学数理 浅見分レポート課題

 

[課題]

(1)東京の都心から西にのびる道路(甲州街道を想定)の沿道にマンションを建設して売却することを検討しているものとする。その際に、以下の2つの最適化問題を定式化して解け。(理論的解法でも数値的解法でも、また、正確な解法でも近似的な解法でもかまわない。)

   (a)10階建てで専用床面積が60uの住戸60戸入るマンションを想定し最適な立地

    点を求めよ。

   (b)3階建てで専用床面積が90uの住戸18戸入るマンションを想定し最適な立地

    点を求めよ。

(2)この問題をさらに自由に拡張して、東京の不動産事業環境に関して考察せよ。

 

ヒント:建設費は、RC構造で坪単価が100万円とし、税金などの費用は無視してよい。

地価は、不動産検索サイトで、地点毎の地価を調べ、回帰分析して求めると良い。なお、非線形性が想定されるので、都心からの距離については、距離の二乗などの項を工夫して入れると良い。マンション価格も同様に推定できる。建築規制は例えば400%、建蔽率は80%(商業地域)とし、他の規制は無視してかまわない。

 

形式:A4版用紙を使用し、左上でとじる。第一頁に学年、学科、コース、学生証番号、氏名を明記せよ。参考にした文献やURLがある場合には、文献名やURL名とその内容の要約を数行付すこと。完全解答でなくても、各自できるところまでレポートせよ。

提出期限:2017年6月9日(金)の午後5時まで

提出先:工学部14号館9階901号室浅見へ(不在の場合は、902号室のメールボックスへ)または、メールでasami@csis.u-tokyo.ac.jppdfを送付

注意:レポートは定式化能力、分析力、考察力などの独自性で評価する。レポートには、課題の解答の他、意見や授業の感想なども書いてください。